公開延期の『トップガン マーヴェリック』が完成間近か|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/4/17 19:30

公開延期の『トップガン マーヴェリック』が完成間近か

トム・クルーズが34年ぶりに同役を演じる『トップガン マーヴェリック』
トム・クルーズが34年ぶりに同役を演じる『トップガン マーヴェリック』 [c] 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

この夏最大の大ヒット映画になるだろうと予想されていた『トップガン マーヴェリック』。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全米公開が12月23日に延期となっていたが、ジョセフ・コシンスキー監督は、作品は完成間近であることを明らかにした。

コシンスキー監督は『オブリビオン』(13)でトム・クルーズとタッグを組んでいる
コシンスキー監督は『オブリビオン』(13)でトム・クルーズとタッグを組んでいる写真:SPLASH/アフロ

コシンスキー監督は米ComicBook.comで「幸いにも、私は自宅でポストプロダクションを行っています。いろいろなところで仕事に制限が出ているなか、このように仕事を続けて映画を仕上げることができるというのは驚くべきことです。 ほかの段階では難しかったと思いますが、私はいまポストプロダクションの最後の段階にいるので、やるべきことが全部できているのです」と語っている。

スケジュール通りに映画を完成させた後は公開まで半年間寝かせることになるが、「これは通常ならば考えられないことですが、本作は多くの人々に大スクリーンで観ていただくべき映画であるため、正しい決断だと思っています。 むしろ、大画面でなければこの映画を公開したくありません。できるだけ大きいスクリーンで、みなさんにこの体験を共有してほしいのです」とコメント。オンライン配信などではなく、映画館の大スクリーンでなければならないのだと強調した。本作は既に“本物”の戦闘機を使用したメイキング映像が公開されており、迫力の映像が期待されている。

【写真を見る】トム・クルーズはInstagramでファンに向けたメッセージを投稿
【写真を見る】トム・クルーズはInstagramでファンに向けたメッセージを投稿画像はTom Cruise(@tomcruise)公式Instagramのスクリーンショット

米海軍パイロットのエリート養成学校、通称“トップガン”に所属するパイロット候補生たちの挫折と栄光の日々を描き、大ヒットを記録した前作『トップガン』。トム・クルーズが同役“マーヴェリック”を演じるのも、1986年のオリジナル版以来34年ぶりとなる。

公開延期の発表後、トムは自身のInstagramで「34年間、待ってくれてありがとう。だけど残念ながら、もう少しだけ待ってもらうことになってしまいました。『トップガン マーヴェリック』の全米公開を12月に延期します。それまで皆さん、どうか健康に気をつけて」とメッセージを投稿している。日本の公開日は現在調整中だが、映画館の大スクリーンで堪能できる日を楽しみに待ちたい。

文/編集部

関連作品