世界的ヒットタイトル「るろうに剣心」アニメ化15周年記念の新作OVAが劇場先行公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2011/12/16 21:35

世界的ヒットタイトル「るろうに剣心」アニメ化15周年記念の新作OVAが劇場先行公開

東京に現れた流浪人・緋村剣心。のんびりとした雰囲気を漂わせる好青年の彼だが、その笑顔の裏には幕末の日本に最強の人斬りとして人々を震撼させた凄腕の剣客、人斬り抜刀斎としての過去が隠されていた。

週刊少年ジャンプで連載された人気コミック「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」は、1996年1月のテレビアニメ化に続き、1997年12月の劇場版、1999年の「追憶編」、2001年の「星霜編」とOVAシリーズも制作。特にOVAシリーズは大人っぽいデザインにブラッシュアップされたキャラクターと美麗な作画、登場人物の心情を丁寧に描いたストーリーで、アメリカなど海外で大ヒットを記録した。また、JUDY AND MARYの「そばかす」やT.M.Revolutionの「HEART OF SWORD 夜明け前」、SIAM SHADEの「1/3の純情な感情」など、同作のオープニングやエンディングテーマでブレイクを果たしたミュージシャンが数多く存在することでも知られる作品だ。そんな多方面で注目を集めた同作のアニメ化15周年を記念し、10年ぶりに新作OVA「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 新京都編 前編」の制作が決定。そのうえDVD&ブルーレイのリリースに先駆け、12月17日(土)に劇場で先行公開されることになった。

古橋一浩監督とスタジオディーンのOVAシリーズを手掛けたメインスタッフに加え、剣心役の涼風真世、薫役の藤谷美紀をはじめとするキャスト陣も再結集するほか、テレビアニメ「とらドラ!」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られる岡田磨里が脚本を担当。テレビシリーズでも描かれた「京都編」を、剣心と行動を共にする御庭番衆・巻町操の視点で物語が進行する。実力派アニメーター・萩原弘光によるキャラクターデザインは原作のテイストをしっかり受け継ぎつつ、より洗練されたものへと進化。最先端のデジタル技術を駆使して描かれるハイスピードな剣戟シーンは、原作ファンはもちろん、初めて「るろ剣」に触れる人もその美しさに魅了されるだろう。

自宅で本編を鑑賞する前に、大画面・高画質・高音声の映画館で作品が楽しめる。15周年というアニバーサリーイヤーだからこそ味わえる至高の機会、逃すことなかれ!【トライワークス】

関連作品