ビヨンセが「私は現代のフェミニスト」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2013/4/5 13:00

ビヨンセが「私は現代のフェミニスト」

ビヨンセは、自分は現代のフェミニストだと考えているそうで、男女の平等はまだ実現されていないと思っているという。

「私は現代のフェミニストだと思う。どうしてどんなタイプの女性になるか決めなければならないの?どうして自分にレッテルを貼らなければならないの?私は、ただ女性であるだけよ。そして女性であることが大好き。(男女は)平等であるべきだと思うけど、まだまだ遠い道のりだと思う。その問題はいつも隅に押しやられて、私たちはそれを受け入れることに慣れてしまっている」と英国版ヴォーグ誌のインタビューで語っている。

フェミニストを主張するわりには、ビヨンセのツアーのタイトルが「Mrs カーター」(ビヨンセの夫ジェイ・Zの本名はショーン・カーター)なのはなぜかと尋ねられ、「私は、自分はMrs.カーターなんだと思うのよ。だけど、以前よりずっと大胆になれるし、恐れ知らずだわ。男女平等は大事だと思うけど、私は幸福な結婚生活を送っているし、夫を愛しているわ」と答えている。【UK在住/ブレイディみかこ】