『アナと雪の女王』が歴代TOP5入り目前!サントラだけでなくカラオケでも大人気に!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2014/5/13 8:05

『アナと雪の女王』が歴代TOP5入り目前!サントラだけでなくカラオケでも大人気に!

公開9週目を迎えた『アナと雪の女王』が1位の座をキープし、興行収入はついに170億円を突破した。先週の時点で国内歴代興収ランキング8位となっていたが、歴代7位の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(173億円)、同じく6位の『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(173.5億円)を抜くのも時間の問題と言えそうだ。

同作のヒットの一因として挙げられる音楽の部分でも、サウンドトラックはオリコンの5/12付けの週間ランキングでついに1位となるヒットを記録中。なお、サウンドトラックがアルバムランキングで首位を獲得するのは、エミネムが主演を務めた『8Mile』(02)以来10年11か月ぶりとなる快挙となっている。

現在公開中の「“みんなで歌おう♪”歌詞字幕付き上映」も好評だが、オリコンの5/12付けの週間カラオケランキングで「レット・イット・ゴー ありのままで」(松たか子)が34週連続首位をキープしていたAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」から首位の座を奪うなど、実際に同曲を歌いたいという人がかなりいるという事実も驚きだ。

『アナと雪の女王』以外の作品では『テルマエ・ロマエII』『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』らが上位をキープしているなか、6位に『WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常』、同じく全国54スクリーンで公開されたウディ・アレン監督作『ブルージャスミン』が10位にランクインする健闘を見せた。

この勢いで今年の流行語大賞への選出や年末の紅白歌合戦への出場まである…?そんなことまで思わせる、『アナと雪の女王』のヒットはまだまだ続いていきそうだ。【トライワークス】

関連作品