眼を閉じて:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
眼を閉じて
眼を閉じて

眼を閉じて

1977年6月9日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

俗世界から脱するため、目を閉じて生きる決意をした男を描く。製作はロベール・パイヤルドン、監督はジョエル・サントーニ、脚本はJ・サントーニとジャンヌ・ブロネ、台詞はJ・サントーニとクロード・ブルーエル、撮影はピエール・ウィリアム・グレン、音楽はテリー・リレーが各々担当。出演はジェラール・デザルト、ロレーヌ・レーネル、ジャン・カルメなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

長い外国巡業を終え、イヴァン(ジェラール・デザルト)は劇団と共に列車でパリに向かっていた。だが、パリに帰っても何もするあてのない彼。劇団員の奇妙な自殺もあり、彼はもう劇団をやめる決心をする。やがて、パリに着いたイヴァンは、クセニー(ロレーヌ・レーネル)という娘に出会い、新しい出発を始めた。そしてある日、彼は街で〈休息用メガネ〉を買う。それは生活に疲れた人間をいやすためのもので、かけると何も見えなくなるのだ。早速、彼はそのメガネをかけ、不快感のない暗黒の世界へ没入した。街の中で盲人を装うことにより、新しい現実を構成する彼の暗黒の中で、古いパリは炸裂し、狂気が生まれ、不吉な妄想が彼を恐怖に陥し込む。イヴァンの唯一の理解者のクセニーは、彼にもう盲人を偽ることをやめてくれと懇願するが、もはや、イヴァンにとって、それは「盲目ごっこ」ではなかったのである--。

作品データ

原題
Les Yeux Fermes
製作年
1971年
製作国
フランス
配給
コロネット・シネマ・インテクチュエル
上映時間
0分
製作会社
デルフィルム

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?