ベレッタの女 最後の誘惑|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ベレッタの女 最後の誘惑

1988年6月18日公開
  • 上映館を探す

娼婦を愛してしまった殺し屋の、その愛の行方を描く。製作はピエトロ・イノセンティ、監督・脚本・原案・主演はガブリエレ・ラヴィア、共同脚本はジャンフランコ・クレリチとヴィンセンツォ・マンニーノ、ダルダーノ・サチェッティ、撮影はマリオ・ヴルピアーニ、音楽はファビオ・フリッツィが担当。出演はほかにモニカ・ゲリトーレなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ふとしたことから組織の幹部名簿を手に入れたA級の殺し屋マヌエル(ガブリエレ・ラヴィア)は、その結果次々と組織の刺客に狙われ、ロンドンからローマへと飛び、そこで高級娼婦のヴィットリア(モニカ・ゲリトーレ)と出会った。マヌエルは彼女が、組織が差し向けた殺し屋であることを知りつつも、悪夢のように淫らで美しいヴィットリアに心惹かれてゆく。そして彼女もまた、次第にマヌエルを愛すようになっていた。やがて二人がリオに逃亡しようと決意した頃、ヴィットリアのもとに非情にも組織からマヌエルを殺すよう最終指令が届く……。

作品データ

原題
Evil Senses
製作年
1987年
製作国
イタリア
配給
ジョイパックフィルム

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?