キャンベル渓谷の激闘|MOVIE WALKER PRESS
MENU
キャンベル渓谷の激闘
キャンベル渓谷の激闘

キャンベル渓谷の激闘

1958年3月21日公開
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

冒険スリラー小説作家ハモンド・イネスの原作を、「スピードを盗む男」の、監督ラルフ・トーマス、脚本ロビン・エストリッジ、撮影アーネスト・ステュワードのチームが再び組んで映画化したアクション・ドラマ。音楽はクリフトン・パーカー。「将軍月光に消ゆ」のダーク・ボガード、「地獄特急」のスタンリー・ベイカー、「仮面の追撃」のマイケル・クレイグの男優陣が顔を合せる。他にバーバラ・マーレイ、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス等が出演。ベティ・E・ボックス製作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カナダ領ロッキー山脈中に一大油田があると、言い残して死んだ祖父の言をしんずるブルース・キャンベル(ダーク・ボガード)は不治の病身を押して石油の発掘に出かける。ところが、ブルースに対立する町の指導者モーガン(スタンリー・ベイカー)がその建設を請負った。ブルースは、祖父の友人の娘ジーン(バーバラ・マーレイ)や測量技師ブレイドンの支持を得て、油田開発を強行した。モーガンは部下を使ってブルースの仕事の妨害をしだした。ブルースは計略を使ってモーガンの部下を山間の僻地にとじこめ、そのすきに、油田開発地にたどりつき発掘を始めた。開発工事の途中で、モーガンが手を抜いて作ったダムから、水が洩れ始め、開発地の人々に危険が迫って来た。ダムの下で何も知らずに働く労働者を救うため、ブルースはダムの下へ降りて彼等を救った時、ダムの一部が崩れブルースとモーガンは、押し流された。濁水の中で二人の格闘が展開された。モーガンは水に呑まれたが、ブルースは奇跡的に助かった。負傷して病院にかつぎこまれたが、そこで思いがけなくブルースの不治の病が治癒できることがわかった。健康をとりもどした彼には、油田の開発と、ジーンが待っていた。今日も、開発地には明るい槌音が響いた。

作品データ

原題
Campbell's Kingdom
製作年
1957年
製作国
イギリス
配給
東和
製作会社
アーサー・ランク

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?