地獄の戦場コマンドス:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
地獄の戦場コマンドス
地獄の戦場コマンドス

地獄の戦場コマンドス

1969年8月9日公開、アクション/戦争
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ドン・マーティンとアーサー・ブラウナーの原案をルチオ・マンリオ・バティストラーダ、アルマンド・クリスピノ、ステファノ・ストルッチ、ダリオ・アルジェントが脚色、アルマンド・クリスピノが監督した戦争アクション。撮影はベニト・フラッタリ、音楽はマリオ・ナシンベーネが担当した。出演はリー・ヴァン・クリーフ、ジャック・ケリーほか。製作はクロシキ・アンド・サンソネ。イーストマンカラー、ワイドスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一九四二年十月。北アフリカの米軍キャンプでは、サリバン軍曹(L・バン・クリーフ)指揮のもと、選びぬかれた少数の兵士たちが、ある特殊訓練を受けていた。彼らの訓練とは、イタリア人になりすますこと。というのは、イタリア軍が占拠している広大な砂漠のオアシスを奪い、連合軍上陸まで確保せねばならない。そして奪取が成功したら、イタリア兵に偽装して、イタリアの同盟国ドイツを、壊滅することになっていた。かくしてイタリアの軍服に身をかためた謀略部隊は、オアシス占拠に成功した。だが、それからが大変だった。やがてドイツ兵がやってきた。アメリカ兵たちは懸命にイタリア兵に化ける。いざという時のために、天井からマシンガンをかまえることも忘れない。なんとか無事にドイツ軍を見送ると、こんどは捕虜にしていた本物のイタリア兵が集団脱走。灼熱の砂漠で大追跡が始まった。だが、本物のイタリア兵を乗せたトラックは地雷につっ込み大爆発。ひとまず危険は去ったと思ったものの、一人だけ、地雷につっ込んでも生き残った兵士がいた。彼は息も絶え絶えにドイツ軍基地まで行き、ことの次第を報告。やがてオアシスに、ドイツ軍が大拠して攻撃にやってきた。アメリカ謀略部隊と大激戦。双方一人ずつ残して全滅であった。生き残った二人は敵味方に分れてはいるものの、お互に戦争のむなしさを語るのだった。

作品データ

原題
Commandos
製作年
1969年
製作国
イタリア ドイツ
配給
大映第一フィルム
製作会社
イタロ・ジャーマン・コーポレーション・PEC・CCI=CCC
ジャンル
アクション戦争

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?