あしたのジョー2:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
あしたのジョー2
あしたのジョー2

あしたのジョー2

1981年7月18日公開、110分、アニメ/アクション/ファミリー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

宿敵、力石の死のショックから立ち直り、再びリングに上がったジョーの姿を描く。高森朝雄、ちばてつやの同名の原作のアニメーションで、脚本、監督は「家なき子(1980)」の出崎統、撮影は「じゃりン子チエ」の高橋宏固がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

力石徹の死は、ジョーにグラブを握れないほどのショックを与えた。戦意は失われ、ドサ回りの賭けボクサーにまで落ちぶれた。しかし、ドヤ街の連中、白木葉子、丹下段平など、周囲の人々の必死の励ましで、再び戦うことに目ざめた。無冠の帝王と言われたカーロス・リベラ戦をかわきりに、金龍飛、ハリマオとジョーの闘いは続いた。そして、ついに世界チャンビオン、ホセ・メンドーサへ挑戦。今まで味わったことのない苦しい減量。十五ラウンドの凄絶な闘い。熱狂する会場にレフリーの声がこだまする中、リングサイドに、真っ白になって燃えつきたジョーの姿があった。

作品データ

製作年
1981年
製作国
日本
配給
日本ヘラルド
上映時間
110分
製作会社
三協=ヘラルドエンタープライズ=富士=ちば企画
ジャンル
アニメアクションファミリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?