ゴジラ(1984)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゴジラ(1984)

1984年12月15日公開,103分
  • 上映館を探す

火山の爆発で出現した怪獣ゴジラの大破壊と、それに対する人間の行動を描く。田中友幸の原案に基づき永原秀一が脚色。監督は「さよならジュピター」の橋本幸治、特技監督は「日本海大海戦 海ゆかば」の中野昭慶、撮影は「さよならジュピター」の原一民がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

198X年。伊豆諸島の南端にある大黒島付近を鯖漁船第五八幡丸が、猛烈な暴風雨の中を懸命の航行を続けていた。乗り組み員の一人、奥村宏は大黒島の火山が爆破し、やがて巨大な物体が船に接近するのをかい間見た。東都日報の大島通信員、牧吾郎が第五八幡丸を発見した時、生存していたのは奥村ひとりだった。早速、牧は本社に連絡するが、この記事はなぜかにぎりつぶされてしまう。政府から調査を依頼された生物物理学者の林田博士は、警察病院に隔離されている奥村から話を聞き、その巨大な物体がゴジラであることを確信する。林田博士は、30年前にゴジラが東京上陸した際に二次災害で両親を失い、憎しみと復讐心から研究を始めたが、今では親しみすら感じるという。三田村首相はパニックをおそれ、当分の間、ゴジラのことを秘密にする一方、対策本部を設置した。牧は特種をにぎりつぶされた代償として林田博士と接触することを許され彼の助手尚子が奥村の妹であることを知ると、二人が対面できるように取り計らう。尚子は牧に好意を抱くが、彼の行為がスクープを狙ったためなのではないかとも疑う。ゴジラがソ連の原潜を襲い、ソ連がアメリカの攻撃だと批難したため、政府はゴジラの存在を公表する。ゴジラは井浜原発を襲い、エネルギーを吸収し、渡り鳥の鳴き声にひかれて去って行く。これを観察した林田博士は、ゴジラに帰巣本能があることを思いつき、その研究を推進する。ゴジラ退治に米ソが核爆弾を使ってほしいと申し入れるが、三田村首相は非核三原則の立場から断わる。ゴジラは東京に上陸し、晴海通りを直進して有楽町マリオンビルを破壊し、永田町を通って新宿副都心へ向かう。林田研究所では渡り鳥の鳴き声のテープが完成し、それを持って奥村と林田が伊豆大島に向かう。三原山の噴火口におびき寄せ、人工的に噴火をおこして、ゴジラをやっつけようという計画である。西新宿でゴジラが暴れ廻り、多くの人々が逃げまどい、尚子と牧は心が通い合うのを感じた。東京湾に停泊していたソ連船からゴジラに向けて核ミサイルが発射される。政府の依頼で嘉手納米軍基地から迎撃ミサイルが発射され、東京上空の成層圏で迎撃する。首都防衛用に作られたスーパーXから発射された放射能を中和するカドミウム溶液弾で動かなくなっていたゴジラは、この核爆発で再びエネルギーを得て暴れ出す。だが、渡り鳥の鳴き声を聞きつけて伊豆大島に移動し、噴火口から落下して姿を消してしまう。

キャスト

スタッフ

田中友幸

製作、原案

田中文雄

協力製作

永原秀一

脚本

橋本幸治

監督

中野昭慶

特技監督

原一民

撮影

小六禮次郎

音楽

東京交響楽団

演奏

櫻木晶

美術

田中信行

録音

小島真二

照明

黒岩義民

編集

石月美徳

スチール

大河原孝夫

助監督

山本武

特技撮影

大根田俊光

特技撮影

井上泰幸

特技美術監督

三上鴻平

特技照明

渡辺忠昭

特殊効果

久米攻

特殊効果

安丸信行

造型

真野田嘉一

合成

宮西武史

視覚効果

中尾孝

特技スチール

浅田英一

特技助監督

山下賢章

B班監督

宝田武久

B班撮影

大場明之

B班照明

三好邦夫

B班助監督

森知貴秀

製作担当者

前田忠彦

音楽プロデューサー

竹内均

特別スタッフ

青木日出雄

特別スタッフ

大崎順彦

特別スタッフ

クライン・ユーベルシュタイン

特別スタッフ

田原総一朗

特別スタッフ

田中豊夫

特殊機械

鹿山和男

特殊機械

鈴木和夫

装置

加藤慶一

装置

沼倉信吾

装置

笠原良樹

組付

田代昭男

装飾

市丸洋

装飾

佐々木大三郎

装飾

稲垣秀男

電飾

三縄一郎

音響効果

梶山弘子

記録

川崎健二

衣装

梅沢文子

ヘアーメイク

田中忠雄

俳優係

青木利郎

特技美術

松本光司

繰演

宮川光男

繰演

池田雅行

特技製作担当者

加茂哲

サイボット造形

水野俊一

サイボット製作

竹中儀雄

特技装置

鴨志田平造

特技装置

鈴木栄二

特技装置

小林みどり

特技記録

塚田猛昭

合成作画

石井義雄

合成作画

土屋裕

CG

坂田俊文

映像協力

山根秀吉

宣伝プロデューサー

堀内實三

宣伝係

上川重久

宣伝係

中川敬

宣伝係

ザ・スターシスターズ

主題歌

沢口靖子

挿入歌

水野明

塗装

三ッ石仙太郎

建具

棚橋克巳

木工

小林康夫

車輛係

生頼範義

ポスターイラスト

小川正晴

メカ造形

高木明法

模型電飾

作品データ

製作年
1984年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • ペンギンのヨッド

    4
    2017/6/7

    この作品の前年。中学のテニス部の部活をサボって、新宿歌舞伎町へ。こう書くと、トンでもない不良だと思われそうだが、目的はリバイバル上映のゴジラを観る為だ。今はもう無いシアターアプル(原寸ゴジラが顔出してる現TOHOシネマズ新宿)で第1作の「ゴジラ」を名画座ミラノで「ゴジラ対メカゴジラ」を観て大満足。部活サボって正解だったな~なんて思っていたが、そもそも顧問に媚び売って大会入りしたトップ組から外れて球拾い専門のドン尻だったので、部活に行く事じたいバカげていた。翌年の12月。まさかの新作のゴジラが公開!高校受験の真っ只中だったが塾をサボってオープンしたばかりの有楽町マリオンへ!こうして振り返ると、学校や教育に対する怨念を抱くと自分はゴジラを観に行っていた。タイミングの良さもあってだが、ゴジラも人類への怨念から現れ、怒りを破壊によってブチまけた。そこにきっと共感していたのだ。そして現在。教師と言う権力に媚び売り、偏差値競争に勝ち抜いたエリートが独裁政治に尻尾振っている。「シン・ゴジラ」はいらない!怨念を抱いた真・ゴジラ出でよ!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告