悲しみよこんにちは|MOVIE WALKER PRESS
MENU

悲しみよこんにちは

1958年4月29日公開,94分
  • 上映館を探す

フランスの女流作家、これを書いた当時は18歳だったフランソワーズ・サガンの原作を、「旅情」の原作者アーサー・ローレンツが脚色し、「黄金の腕」「軍法会議(1956)」のオットー・プレミンジャーが監督した、戦後フランスの若い世代の心理を、17歳の少女を主人公として描いた作品。「チャタレー夫人の恋人」のジョルジュ・ペリナールのキャメラ、「ノートルダムのせむし男」のジョルジュ・オーリックの音楽という欧州側スタッフが起用され、原作の舞台である南仏リヴィエラ海岸とパリで撮影が行なわれた。プリントは黒白と色彩の両方を併用するという新手法が使われている。女主人公を演ずるのは、プレミンジャーに見出だされた新人ジーン・セバーグ。他に「めぐり逢い(1957)」のデボラ・カー「いとしの殿方」の デイヴィッド・ニーヴン「女は一回勝負する」のミレーヌ・ドモンジョ「戦場にかける橋」のジョフリー・ホーンなどが主演。「陽はまた昇る」のジュリエット・グレコ「潮風のいたづら」のウォルター・チアリ等が助演する。タイトル・デザインは「八十日間世界一周」のサウル・バス、在パリ菅井汲の絵が画中に使われている。製作はプレミンジャー自身。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

あの夏からは総てが変わった。何もかもが永遠に--1年前の夏、17歳の私は全く幸福だった。海を見下ろす南仏セント・トラペッツの丘の別荘に私たちはいた。母を15年前亡くした父レイモン(デイヴィッド・ニーヴン)と、父の愛人エルザ(ミレーヌ・ドモンジョ)と、私、セシール(ジーン・セバーグ)の3人。父は41歳の事業家で、女にもて、親切で朗らかで、私を愛していた。半玄人でワンサ女優のエルザは、数多い父の女友達の1人。こういう友が、父に必要だということは、私はよく解っていた。海での最初の日、私は若い法科の学生フィリップ(ジョフリー・ホーン)と知りあった。私たちが海辺で最初の接吻をかわした日、母の友達だった、デザイナーのアンヌ・ラルサン(デボラ・カー)がやってきた。優雅な、洗練された、夫と離婚した中年の彼女。私たちの気楽な生活が、彼女の出現によって終わりそうなことを私は直感した。愛人であるエルザが共に生活していることを不快に思った彼女も、結局は私たちと一緒に暮らすことになった。しかし、父とアンヌはだんだん親密になり、エルザと私は孤独になっていった。私にはまだフィリップがいたけれど、エルザがまず我慢出来なくなった。カジノに行った夜。消えてしまった父とアンヌを探して、2人の囁きを暗闇の自動車の中で私が聞いた夜、エルザは私たちの所へ帰って来なかった。翌朝、父はアンヌとの結婚を打明けて私に賛成を求めた。中年の恋を得た女性の美しさ。それが私にはねたましかった。海辺のパラソルの下で、私はフィリップと激しい接吻に身をまかせた。それをアンヌが見たのだ。激しい叱責、勉強のこと、フィリップと会ってはならぬこと、将来のこと等々。けれど、私はもう子供じゃないのだ。遊び人だった父を真面目な父に変え、私まで変えようとするアンヌ、大嫌いな女。私は彼女の詰問にあって、夜の部屋をとび出した。裸で眠っていたフィリップの部屋で、私は初めて彼の激しい愛撫におぼれた。私は復讐の片棒をエルザにかつがせた。フィリップと彼女の連れだった姿を見せつけて、父の嫉妬をかきたてようというのだ。計画はやがて実を結んだ。その日の昼すぎ、父は人に会うのだと外出した。やがて散歩に出たアンヌのあとを私はつけた。そして、木陰で聞いた父とエルザの忍び笑い。アンヌは家の方に向かって走った。彼女は涙を流していた。そんな彼女を、今までどうして私は想像しえたろう。待って、アンヌ、許して--すがる私に、彼女は接吻して、自動車を猛烈なスピードでスタートさせ、走り去った。自動車が崖から落ちて、彼女が死んだことが知らされたのはその日の午後だった。この夏7回目の運転事故として。--エルザは南米に行き、フィリップとは葬式以来会っていない。残った父と私。あの時から、どの日も私にとって暗い。夢の中でアンヌを呼び、また意味のない1日を迎えようとする朝、私はつぶやく、悲しみよ、こんにちはと。

作品データ

原題
Bonjour Tristesse
製作年
1957年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • たっかん

    2
    2015/12/23

    原作はサガン。
    現実パートが「モノクロ」、回想シーンが「カラー」の映像で、カラー部分が綺麗。
    ジーン・セバーグの服のカラフルさが良かった。
    物語は、今となっては、良くある話という気がする。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • すすむA

    2
    2012/4/20

    何十年ぶりかで見直して、フランス映画とばかり思っていたのが、実はコロンビア映画(米英合作)で台詞も英語、主役のジーン・セバーグもアイオア出身のアメリカ女優と知った。原作者のサガンと歌姫グレコの印象が強烈だったのだ。長年の誤解は解けたが、なんだか寂しい。

    夏の避暑地の別荘で過ごす裕福な父子。映画は富裕層の贅沢さを見せつける。日本でも同じ頃『太陽の季節』で金持のドラ息子の生態を見せたのと同じ設定だ。庶民の覗き趣味を満足させ、羨望をつのらせる映画の一つの手法だ。

    親子と言うよりは恋人みたいな父レイモンと娘のセシール。多分母は亡くなっていて、父は身軽に浮気を繰り返す。セシールも父の女と仲良くし、昼は水泳、夜はパーティーで男にかしずかれ、勉強などはどうでも良く、拘束のない日々を「青春」だと思いこんでいる。

    「私は17歳で、全く幸福だった」とセシールはいうが、親子共々浅薄感は否めない。そこへ母の友人のアンヌがやって来る。知的な彼女に父はすっかりいかれて求婚する。アンヌはまたセシールの危なっかしさを懸念して保護者振りを示そうとする。セシールにとっては父を奪われ、その上干渉されてはたまらない。なんとか策をつくってアンヌを追い出そうとし、それは成功するのだが・・・という筋書き。

    計画は成功したように見える。だがセシールが作った策略は彼女の知能程度と同じようにたわいない。馬鹿な父がそれにはまったとしても、聡明なアンヌがひっかかるだろうか。原作はセシールの「心の揺れ」をもう少し書き込んでいるが、映画はそれを伝えきれず、アンヌはひたすら「他者化」される。

    聡明なアンヌがこの程度の男と婚約してしまう「弱さ」を追求できないのもこの映画の弱さだが、パリの有名デザイナーで男性観に富んでいる中年の彼女が、レイモンの裏切りに失望したとしても、そんなことで自殺を図るわけがない。あれは単なる事故である。それを自殺と断定して自分を責めるセシールは「理性のしたたかさ」を理解できない愚鈍な女に過ぎない。
    (岩間シネクラブ「思い出名画座」で鑑賞)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ミチさん

    4
    2011/3/11

    ひとことで言おうとするとこうなるであろうか。
    原作を読んで以来、誰がどの役をやるのか、ハラハラドキドキして見ました。
    ほぼ原作通りだと思います。それにしても、わずか18歳でこの作品を出版社に持ち込んだサガンの力量たるや、素晴らしいものがありますね。
    日活の青春映画の元になった、と言えば良いか。若い頃の情熱と残酷さを描いた作品です。
    しかし、ここに出てくる父親は、莫大な資産と娘への惜しみない愛情、そして女好き・・・、こういう人はめったにいないと思うけど。やはり女性のある意味理想か。
    母親の不在にかこつけて、次々と愛人を作る父親。それが愛人である内は良いけど、結婚して、新たな母親となると反対する娘。なかなか面白い発想です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告