あの空の果てに星はまたたく|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あの空の果てに星はまたたく

1962年5月20日公開,94分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「黒蜥蜴(1962)」の新藤兼人のオリジナル・シナリオを「わが生涯は火の如く」の関川秀雄が監督した青春ドラマ。撮影は「最初が肝心」の山沢義一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

三郎と早苗は、瀬戸内海の佐柳島から多度津の高校へ毎日巡航船で通っていた。ある日、この島は暴風雨に見舞われ、三郎の父の船は海にのまれ、早苗の家でもせっかく丹精した畑を流されてしまった。船を失い借金を背負った家のために、三郎は大阪へ出稼ぎに行くことになった。一方、早苗の兄義夫も、食えない島にいるよりもと、父や恋人君枝の反対を押し切って神戸へ出た。そのショックから父は脳溢血で倒れ身体の自由を失ってしまった。その日から早苗は高校を中退し、父がやっていた郵便の集配の仕事をして家計を支えることになった。そして一年、突然義夫の病気の知らせが早苗のところへ舞い込んだ。義夫は肺をやられていた。兄のため神戸へ出た早苗はついでに大阪の三郎を尋ねた。だが、キャバレーで働く三郎はすっかり人が変り、早苗はみじめな思いで別れるのだった。そしてまた一年、君枝もまじえた早苗の同級生たちはそろって卒業した。だが、喜びの君枝を訪れたのは義夫の死を報せる電報だった。義夫は神戸で若い女と同棲していた。その女道江との間には、すでに子供が生まれていた。早苗の父岩吉は、道江の将来を考え、子供を引きとって立派に育てることを約束するのだった。一方、この島に希望を失った君枝は、大阪へ去っていった。それと入れ違うように、ひょっこり三郎が島へ帰って来た。彼は二人の刑事に追われていた。大阪でヤクザ仲間に入っていた彼は、足を洗おうとしたためにリンチを受けた。そのとき、相手をナイフで刺してしまったのだ。捕まる前に君に逢いたかった、と言う三郎。二人は激しく抱き合うのだった。二人はサンパンで島の裏側の絶壁に逃れた。自首するように必死に説き伏せた早苗は、サンパンの櫓を闇の波間に投げ捨てた。夜明けまで潮の流れに漂っていた二人のサンパンは、やがて警察船に保護された。三郎の刑は二年ですむことになった。その時まで必ず待つことを約束する早苗。自転車に乗って働く早苗の顔は明るかった。

作品データ

製作年
1962年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?