女のはらわた:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
女のはらわた
女のはらわた

女のはらわた

1963年6月18日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大江尭が脚本を執筆、本木莊二郎が監督したお色気もの。撮影は脇野良雄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第二次大戦の末期。山間にある小さなナチの捕虜収容所は、独軍降伏のことも知らず数名が収容されているに過ぎなかった。そんなある日、収容されていたイボンヌは独軍の敗残兵オットーに犯された。捕虜のジムは、屋外作業の帰途連合軍の勝利を知り女収容所長エレーヌのために苦い思いをさせられていたことから、エレーヌを襲った。それを知ったオットーは、ジムとの関係を種にエレーヌと関係を持ち、二人で逃げること計画した。翌日オットーは収容員三名を縛りあげ、収容所もろともダイナマイトで爆破しよと導火線に火をつけた。必死の三人は互に力を合わせ縄をといた。部屋から飛び出す三人、火を消そうとオットーに体当りしたイボンヌとミシューエルの二人は、彼の銃弾に倒れてしまった。傍でオットーの仕打ちを目撃したエレーヌの銃が火を吹いて、オットーは彼女に倒された。一瞬の出来事に呆然とたたむジムを後に、彼女は湖の方へ姿を消していったのだ。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
上映時間
0分
製作会社
日本シネマフィルム

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?