暴力団(1963):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
暴力団(1963)
暴力団(1963)

暴力団(1963)

1963年8月7日公開、84分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「最後の顔役(1963)」の村尾昭のオリジナル・シナリオを、「用心棒市場」の小沢茂弘が監督したギャングもの。撮影は「陸軍残虐物語」の仲沢半次郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

刑期を終えた桜木は舎弟分の松永と宮部を連れ、富島の賭場を襲って売上金を奪った。三人は隅田川のスラム街に育った男達で、ある程度の金をためてヤクザの足を洗うつもりだ。富島は兄弟分の河津、三好と共謀し、桜木を刑務所へ送った男だ。桜木のお礼参りに、河津も三好もやられた。三好等は九州から殺し屋を呼び、まず宮部を殺させた。怒った桜木は、殺し屋二人を倒した。桜木を子供の時から知っている志村刑事は、桜木の仕業と知る。その証拠を握るため桜木を執拗に追いまわした。それを知った桜木の恋人リエは、桜木と彼女の田舎北海道に行くことを進めるのだが、桜木はうけつけなかった。スラム街の町医者浜本も、桜木の一本気な性格を愛しているが、彼の悪に染まっていく態度に腹を立てていた。そんな頃、松永も三好一味に暗殺された。松永の弟次郎は少年院帰りで気性が荒く、兄の仇とばかり三好を狙った。次郎は桜木の足手まといだったが、桜木は単身、三好と富島を倒した。次郎はすっかり桜木に、憧れてしまった。そんな次郎をみて志村刑事は、第二の桜木がまたこのスラムから生まれると心配し、浜本に相談した。これを聞いた浜本は、次郎を改心させるには、桜木しかないと、彼に次郎を改心させるよう頼みこんだ。しかし、桜木はてんでうけつけようとしなかった。そこへ、河津から次郎を人質とした、という電話がかかった。桜木は河津の罠の裏をかき、河津を倒して次郎を救ったが、彼も傷を負った。傷の深いことを知った桜木は、次郎のみている前で、臆病者のように死んでいった。桜木は浜本の願を最後に聞きとげていったのである。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
84分
製作会社
東映東京

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?