“経営学入門”より ネオン太平記|MOVIE WALKER PRESS
MENU

“経営学入門”より ネオン太平記

1968年4月13日公開,92分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

磯田敏夫の原作「企業防衛」を、「人間蒸発」の今村昌平と新人の磯見忠彦が共同で脚色した風俗喜劇で、磯見忠彦の監督第一回作品。撮影は「波止場の鷹」の姫田真佐久。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京の古本屋を廃業して大阪のキャバレー、オアシスの支配人となった利徳は、巧みな宣伝と戦術で成功していた。彼には女房カツ子の待つ家庭よりも、この道の方が魅力的だった。その利徳にとって、競争相手のニューポールが新装開店するという情報は聞き捨てならないことだった。早速第二オアシスを開店させて対抗しなければならないと、社長の片岡を説得した。しかし、場所が悪く「文教地区にキャバレー進出」と新聞が書きたて、地元民の反対は強かった。そんな間に、ホステスたちの教育、ヌードダンサーが逮捕された後始末と、利徳は忙しかった。利徳が双子のホステスの姉のフミ子と深い仲になり、妹の方のフキ子と三人でアパート住いするようになったのはそんな頃だった。ある日、地下鉄でスカート切りをして利徳に説教されたボーイ相川が店の売り上げ金を持って逃げてしまった。相川は間もなく捕まったが後悔の色はなく、利徳を怒らせるのだった。一方、ニューポール開店の影響で、客のとりあいをめぐってのホステス同士の争いが激しくなり、第二オアシス開店の必要が迫られていた。しかし、文教地区へのキャバレーの進出は市議会の問題にまで発展し、テレビのアフタヌーン・ショーでも取上げられることになった。利徳はテレビで「キャバレーはサラリーマンの憩の場として絶対必要」という信念を披歴して、PTA族相手に奮闘するのだった。そのうち、利徳はフキ子ともデキてしまった。双子から結婚を迫られた利徳は、次の日から事務所に寝泊りするようになった。それから間もなく、オアシスが火事になったが、利徳はひるまず、第一オアシスは焼跡祭り、第二オアシスも開店して謝恩大運動会を開いた。市中をビキニ姿のホステスが走るこの宣伝に、利徳は効果満点とばかり、張切って号令をかけた。それはこの世界で生き抜こうとする利徳の意地でもあった。

作品データ

原題
The Neon Jungle
製作年
1968年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?