恋の力学|MOVIE WALKER PRESS
MENU
恋の力学
恋の力学

恋の力学

1996年10月5日公開,84分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

オペラの歌姫(ディーヴァ)を夢見るヒロインが幸せをつかむまでを描いたシンデレラ・ストーリー。監督・製作はデビュー作『追憶のオリアナ』(84、日本未公開)でカンヌ映画祭カメラ・ドール新人賞を受賞したヴェネズエラ出身のフィナ・トレスで、彼女の監督第2作。主演は「ベルエポック」のアリアドナ・ヒル(歌の吹き替えはエルザ・モリュス)。共演は「木と市長と文化会館」のアリエル・ドンバール、「ラヴィ・ド・ポエーム」のエヴリーヌ・ディディほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カラカス。アナ(アリアドナ・ヒル)は結婚式の途中、花嫁衣裳のまま飛び出して一路パリへやってきた。歌姫(ディーヴァ)マリア・カラスに憧れ、オペラ歌手を夢見る彼女は同郷の友人のアパートに身を寄せて、音楽教授グレゴリエフのもとで歌の勉強を始めた。ルームメイトには、前衛的なミュージック・ビデオを製作する野心家で意地の悪いセレステ(アリエル・ドンバール)がいた。アナはなじみのカフェで知り合った女精神科医アルカニー(エヴリーヌ・ディディ)のアパートに引っ越す。数日後。アルカニーについていったパーティーに、新作のヒロインを探す有名監督イタロ(リュイス・オマール)がいた。話かけられないアナに、来ていたセレステが情報を仕入れてあげると耳打ち。と言いながら自分だけをしっかりと売り込み、アナにはヒロインは金髪でないとダメとうそぶく。しょげるアナをホモでボーイのアルマン(フレデリック・ロンボワ)がなぐさめる。占いマニアの彼はヒロインはアナのものだと断言。アナは歌をテープに吹き込み、イタロの元に送った。イタロはテープを一聴するや驚喜。アナを迎えに助手をアルカニーのアパートに走らせた。ところが、運悪くアナは不法滞在で警察に追われ、何も知らないまま身を隠し、アルマンと偽装結婚を決意。ところがセレステは警察とアルマンの恋人ピエールに密告の電話をした…。最終オーディションの日が迫り、イタロはやむなく広告を出した。セレステの妨害工作が続いて、アナはやむなくアルマンと結婚式をあげるため教会へ。愛の誓いに「イエス」と答えたその時、振り向いた彼女の後ろにイタロがいた。かくしてアナはイタロの新作のヒロインとして舞台に立った。いつの日か、マリア・カラスのような歌姫(ディーヴァ)も夢ではないかもしれない…。

作品データ

原題
Mecânica celeste
製作年
1995年
製作国
ベネズエラ フランス ベルギー スペイン
配給
クレストインターナショナル
上映時間
84分
製作会社
ミラルタ・フィルム=ミストラル・フィルム=パンドラドシュ社=パラダイス・フィルム=ING=クラブインヴェスティメント・メディア=バスティーユ・フィルム作品

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?