黒環:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
黒環
黒環

黒環

1919年公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

パテーを去ったクレイトン・ヘール氏がウァールド社で作って活劇の1つで対手はヴァージニア・ヴァリ嬢である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

都の大新聞の外交記者で飄逸なアンドルー・ファーガスンは女記者ルシー・ベアードの為に記事の代筆をしてやった所、大失敗2人とも解雇された。娘の父ダニエルは山の中で新聞紙を経営していた。2人が山の中へ来た時は丁度選挙騒ぎでダニエルが忙しかった為、若い2人が彼に代って新聞を発行する事になった。この山の中にはウィスキーの密造者が勢力を振って町の人々と争っていた。アンドルーの身にはしばしば危難が降り懸るが新聞記者としての職責の為彼は身命を堵して奮闘した。娘の父ダニエルは選ばれて役人となり、山に住う悪人等の駆立てが始まった。そしてその騒ぎが静まった時アンドルーとルシーとの結婚が許された。

作品データ

原題
The Black Circle
製作年
1919年
製作国
アメリカ
上映時間
0分
製作会社
ウァールド映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?