ライフ・イズ・ビューティフル|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ライフ・イズ・ビューティフル
ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル

1999年4月17日公開,117分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。監督・主演は「ボイス・オブ・ムーン」(主演)「ジョニーの事情」(主演・監督)のイタリアを代表する喜劇俳優ロベルト・ベニーニ。脚本はベニーニと「ジョニーの事情」「宣告」のヴィンチェンツォ・チェラーミ。製作はエルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラスキ。撮影は「ボイス・オブ・ムーン」「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニ。美術・衣裳は「インテルビスタ」のダニーロ・ドナーティ。共演はベニーニ夫人で彼の作品でコンビを組むニコレッタ・ブラスキ(「ミステリー・トレイン」)、新人のジョルジオ・カンタリーニ、「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のホルスト・ブッフホルツほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1937年、イタリアはトスカーナ地方の小さな町アレッツォ。本屋を開く志を抱いてやってきたユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・ベニーニ)は美しい小学校教師ドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)と運命的な出会いをする。当座の生活のため叔父ジオ(ジュスティーノ・ドゥラーノ)の紹介でホテルのボーイになり、なぞなぞに取り憑かれたドイツ人医師レッシング(ホルスト・ブッフホルツ)らと交流したりしながら、ドーラの前に常に何度も思いもかけないやり方で登場。ドーラは町の役人と婚約していたが、抜群の機転とおかしさ一杯のグイドにたちまち心を奪われてしまった。ホテルで行われた婚約パーティで、グイドはドーラを大胆にも連れ去り、ふたりは晴れて結ばれた。息子ジョズエ(ジョルジオ・カンタリーニ)にも恵まれ、幸せな日々だったが、時はムッソリーニによるファシズム政権下。ユダヤ人迫害の嵐は小さなこの町にも吹き荒れ、ある日、ドーラが自分の母親(マリザ・パレデス)を食事に呼ぶため外に出たすきに、グイドとジョズエは叔父ジオと共に強制収容所に連行された。ドーラも迷わず後を追い、自分から収容所行きの列車に乗り込んだ。さて、絶望と死の恐怖たちこめる収容所で、グイドは幼いジョズエをおびえさせまいと必死の嘘をつく。収容所生活はジョズエがお気に入りの戦車を得るためまでのゲームなのだと。とにかく生き抜いて“得点”を稼げば、戦車がもらえるのだとグイドはことあるごとに吹き込み続けた。強制労働の合間を縫って、女性の収容所に押し込められたドーラを励まそうと、放送室にしのびこんで妻に呼びかけたりと、グイドの涙ぐましい努力は続く。そんなある日、グイドは軍医として収容所にやってきたあのなぞなぞ好きの医師レッシングと偶然再会。レッシングから「重要な話がある」と耳打ちされたグイド。ドイツ軍の士官たちのパーティの給仕を命じられた彼は、監視の目を盗んでレッシングに話しかけるが、なんとレッシングは新たななぞなぞの答えをグイドに聞いただけだった。戦況は進み、収容所は撤退準備をはじめる。この機を逃さじとグイドはジョズエをひそかに隠して、ドーラを捜すうちに兵士につかまった。グイドはジョズエの隠れ場所を通るとき、おどけて行進ポーズをとる。それが彼の最後の姿だった。ドイツ兵が去った後、外へ出たジョズエは進駐してきたアメリカ軍の戦車を見て歓声をあげる。戦車に乗せられたジョズエは生きていたドーラを見つけ、母子は抱き合った。これが幼い息子を生きながらえさせようとした父親の命がけの嘘がもたらした奇跡の物語だ。

作品データ

原題
La Vita e bella
製作年
1997年
製作国
イタリア
配給
松竹富士配給(松竹=アスミック・エース エンタテインメント=角川書店提供)
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

  • みるみる
    みるみる
    5.0
    2019/2/26

    詳細まで記憶に無いがとにかく切なくて切なくてやり切れない。数々の父の愛情の深さと子供の無邪気さにため息がでる。最後に母親に会えて良かったがこの先の人生を思うとこれまた切なくなるというたまらない作品。でも好き。

    違反報告
  • パライバ
    パライバ
    5.0
    2014/11/8

    こんなすごい役者さんがいたんだ!
    感動すると同時に 今日まで知らずにいたなんて何て勿体ないことをしてきたのだろうと思う。
    圧巻は、息子の目に残す最後の姿。
    何て切なくて、思いの深さを感じさせてくることか。

    遅い上映時間だったのに、エンドロールが終わるまで誰一人席を立とうとしなかったことにも余韻を感じた。

    違反報告
  • ミチさん
    ミチさん
    5.0
    2011/8/15

    映画史に残るラストシーンですね。アカデミー賞受賞も頷けます。子役に頼り過ぎるところもあるけど、奥様(ニコレッタ・ブラスキ)が素晴らしい。大輪の花ですね。陰惨なシーンにパッと花が咲きます。
    この監督・主演のロベルト・ベニーニという人は、本当に喜劇役者というところを得ていて、収容所に入るまでは、抱腹絶倒のドタバタのイタリア喜劇そのものです。
    収容所でも確かにあり得ないシーンが多くて、ファンタジーと言えばファンタジーなんだけど、ただ、知恵と才覚で何とか生き延びようとした人たちはいたと思いますね。日本人のシベリア抑留でもそうでしたでしょうけど。
    とにかくラストの戦車に乗ったアメリカ兵が憎らしいほど、かっこ良い。これがアカデミー賞受賞の真意かな?

    違反報告