外套に取り憑かれた男 ユーリー・ノルシュテインの世界:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『外套に取り憑かれた男 ユーリー・ノルシュテインの世界』
外套に取り憑かれた男 ユーリー・ノルシュテインの世界
外套に取り憑かれた男 ユーリー・ノルシュテインの世界

外套に取り憑かれた男 ユーリー・ノルシュテインの世界

1999年1月16日公開、25分、ドキュメンタリー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「話の話」や「霧につつまれたハリネズミ」などで知られるロシアのアニメーション作家、ユーリー・ノルシュテイン監督の、98年暮れの来日の様子を収めた短編ドキュメンタリー。構成に「20世紀ノスタルジア」の原将人があたっている。尚、本作は「ユーリー・ノルシュテイン祭アンコール」の中で上映された。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

81年に製作を開始したものの、87年のペレストロイカ、91年のソヴィエト連邦崩壊、そしてそれに伴う国営スタジオの閉鎖と、激動の時代の流れの中で頓挫してしまったユーリー・ノルシュテイン監督の新作「外套」の撮影が、漸く独力で再開されようとしている。ノルシュテイン・スタジオで、ひとり黙々と作品を作り続けるノルシュテイン監督。そんな監督が、98年11月、妻で美術監督でもあるフランチェスカ・ヤルブーソワと来日した。映画は、会場となったラピュタ阿佐谷でのパーティ、記者会見、最新鋭の設備を有した日本のアニメスタジオの見学、ザムザ阿佐谷で行われた講演の模様などを映し出していく。

作品データ

製作年
1999年
製作国
日本
配給
ラピュタ阿佐谷
上映時間
25分
製作会社
ラピュタ阿佐谷作品
ジャンル
ドキュメンタリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?