ゲルマニウムの夜:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ゲルマニウムの夜
ゲルマニウムの夜

ゲルマニウムの夜

2005年12月17日公開、107分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

花村萬月の芥川賞受賞作を「赤目四十八瀧心中未遂」の製作チームが映画化。若手実力派の新井浩文が、冒涜の限りを尽くして神を試す異端の青年を熱演する問題作だ。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

殺人を犯し、生まれ育った教会の教護院へ戻った青年・朧。彼は腐敗しきった教護院で、暴力や強姦などあらゆる罪を犯して神を挑発する。一方、その恐ろしい行為は、聖職者たちに劇的な変化をもたらしていく。

作品データ

製作年
2005年
製作国
日本
配給
荒戸映画事務所
上映時間
107分
製作会社
ネオプレックス=荒戸映画事務所

[c]2005 Arato Film Inc. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?