FUCK|MOVIE WALKER PRESS
MENU

FUCK

2007年11月10日公開,90分
R-18
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

英語での放送禁止用語の代表格、FUCK。忌まわしくも多くの人が用いる、この言葉の語源や用法に、識者や著名人のコメントなどを通して迫るドキュメンタリー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

米大統領から一般人まで、あらゆる人々が発する言葉“FUCK”。相手をののしるのにも誉めるのにも使える、この4文字言葉を分析すると、言論の自由や検閲といった現代社会が抱える問題が浮かび上がる。

作品データ

原題
Fuck
映倫区分
R-18
製作年
2006年
製作国
アメリカ
配給
ムヴィオラ
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2007/11/14

    誰しも海外映画を観れば必ず耳にする言葉 「fuck」。しかし、TVになると省略されたり、ピーッと音が入ったりし、この言葉自体がとても好ましくないイメージとなっている。日本人はそうそう、日常で使うことはないが、いろんな意味合い、良くも悪くも捉え方があると、ちょっとNHK講座のような感覚で観た感じがする。しかし、いろんな人にfuckについて質問を問い、真剣に回答していて、(まさに哲学的に)その辺に 驚いた。こうしていろんな要素を持つfuck、映画鑑賞の際、耳にしたら「なるほどね」と思うだろう。ちょっとした知識映画かな?

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告