艶恋師 北海道 放浪編|MOVIE WALKER PRESS
MENU

艶恋師 北海道 放浪編

2008年1月26日公開,80分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

女の歓びを味わうことのできない悩める淑女を救う宿命を負った竿師・神楽坂菊之介が活躍するエロティック・ドラマ。菊之介を演じるのは『今日から俺は!!』シリーズの中倉健太郎。共演に『夢情報』の佐藤ゆりな、「聴かれた女」の蒼井そら、「日本以外全部沈没」の村野武範らが出演。監督は「孕み-HARAMI- 白い恐怖」の田尻裕司。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

神楽坂菊之介(中倉健太郎)の職業は、花街のお座敷芸者を相手にする三味線の師匠。しかし、彼にはもうひとつの裏の顔があった。18歳で芸者の姐さんから四十八手のすべてを教えられ、その性の才能を開花させられた菊之介は、女の歓びを味わうことのできない悩める淑女を救う『竿師』でもある。あらゆる性技に精通した菊之介だが、そんな彼の秘技こそが【きぬた】=後向女性仰臥男性座位である。四十八手の中で最もアクロバットなこの体位は、男性器が逆向きで膣の奥まで挿入されることで、きわめて女性の満足度は高いといわれている。しかし、その難易度から『幻の体位』とも呼ばれ、熟練者にしか実現は不可能である。『幻の女』を求めて菊之介は、北海道へ訪れた。そこで出会ったのは、名馬を育成する実日牧場のひとり娘・真澄(佐藤ゆりな)と祖父の岡村(野上正義)、そして秘かに真澄に思いを寄せる厩務員の山田(吉岡睦雄)だった。しかし、実日牧場は、小さな牧場を次々と買収する千極ファームから狙われていた。千極の息子・直人(金田直)は真澄と幼なじみで、彼女をレイプした過去があった。おぞましいその記憶から、真澄は性に対して潔癖だった。実日牧場で働きはじめた菊之介は、直人が経営するクラブで出会ったホステス・あゆみ(蒼井そら)と一夜を共にする。店を繁盛させるために何十人もの客と寝て、不感症になっていたあゆみを『きぬた』で絶頂に導く菊之介。悩める女の心と肉体を救うため、竿師・菊之介の活躍が始まる……。

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
ティーエムシー
上映時間
80分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?