地獄の女囚コマンド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

地獄の女囚コマンド

1990年11月30日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

過去のある美女たちがコマンド部隊として活躍するアクション映画。監督は、自身の製作会社オメガ・エンターテインメントで「悪魔のサバイバル」などを手掛けてきたニコ・マストラキス、「ブラッド・ハウス~恐怖がつきささる」のピーター・レーダー。撮影はアンドレアス・ベリス。音楽はジュリー・グラント。美術はマイケル・ストリンガー。スタント・コーディネーターは「シルクウッド」「ロジャー・ラビット」のマーク・カッティン。SFXは「ターミネーター」「アビス」のジョー・ヴィスコシル。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中東に影響力を持つビジネスマン、ウィラード・トーマス(ジョージ・ケネディ)は、エルサルバドルで活躍した元コマンドのフランク・ライアン(ブライアン・トンプソン)に仕事を依頼した。中東の独裁者に捕らえられている革命勢力のリーダー、ペトロス・ラリスを救出せよというものだった。ライアンは、独裁者マイケル・バルスト(オリバー・リード)の有名人好きを利用して、女性コマンドをファッション・モデルとして入国させる計画を立てた。集められた女コマンド六人とライアンは思惑通り、バルストのお気に入りとなり、地元の連絡員ともコンタクトを取って計画を進めていった。要塞跡に到着したとき、戦闘が始まった。味方のトーマスが裏切ったのだ。要塞で保護したラリス(ホセ・フェラー)と共に、収奪したヘリコプターに乗り込むライアン。見下ろすとバルストは革命勢力軍に包囲されていた。ライアン一行はトーマスの家に行き、銃を光らせた。

作品データ

原題
Hired to Kill
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
ヘラルド
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?