地獄のランデブー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

地獄のランデブー

1966年12月3日公開,0分
  • 上映館を探す

「荒野の1ドル銀貨」の監督カルビン・J・パジェットの原作をビル・コールマン、マイク・ミッチェル、レミジオ・デルグロッソ、ロベルト・アモロソが共同で脚色し、カルビン・J・パジェットが監督したスパイ・スリラー。撮影はトニー・セッツィ、音楽はベネデット・ジグリアが担当した。出演はレイ・ダントン、マリサ・メル、マーガレット・リー、ジェス・ハーンなど。製作はロベルト・アモロソ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「黒い狼」と称する狂信的な国際組織は富豪ルチアス(カルロ・ダンジェロ)、呼び名をラマスという男の采配のもとにアメリカ合衆国の転覆をもくろみ、オランダのアムステルダムを本拠に暗躍していた。そして「シンクロン2」という人間をロボット化する新薬を発明した。ラマスは「狼」大作戦にうつる前に新薬の実験区域にアメリカのフリモントのミシガン・カレッジ・タウンを選んだ。町には原因不明の怪奇な事件が発生し、CIAの諜報員ブライアン・クーパー=スーパー・ドラゴン(レイ・ダントン)が事件糾明に派遣された。彼は先ずアムステルダムへ飛び、助手に美人のシンシア・フルトン(マーガレット・リー)とベビー・フェイスという男を雇った。3人はまた美人のチャリティ・ファレル(マリサ・メル)とも連絡をとっていた。アムステルダムの街はにわかに熱をおびはじめ、嘘々実々のかけひきが行われた。そのうちチャリティは知らないうちに「シンクロン2」を飲まされ、完全にラマスのロボットと化した。普通の人間となるためには、ラマスの所有している対シンクロン性の解毒剤が必要だった。やがて時機をみて、クーパーはラマスと対決し、対シンクロン方式を入手することに成功した。事件も大詰を迎えた。猛り狂ったラマスは主要工場を爆破、ついに追いつめられ自殺した。

作品データ

原題
Secret Agent Super Dragon
製作年
1966年
製作国
アメリカ
配給
松竹映配
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?