華麗なるギャツビーのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

華麗なるギャツビーのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2013年6月14日公開,142分

ユーザーレビュー

3.5
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2021/1/4

    思い入れ放題のレビューにあふれてて、タジタジ。主役はデカプーよりレッドフォードの方が数段上。テレ東の年末午後ロー鑑賞なんで速足感。前半と後半でまるでトーンが変わる。ヒッチコックの「レベッカ」的な豪邸と謎はあるけど、言ってみれば痴話喧嘩で展開。'74版は脚本がF.コッポラで凄かったらしいが未視聴。隣人目線は原作からどの映画化もお得感。ヒロインは賛否両論だが前半はブス後半可愛い。主人公ナイーブすぎ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2014/4/29

    華やかな生活の表には見せることのない
    男の哀愁をディカプリオがよく表現してくれました。
    紳士的な人物が人が変わったように取り乱すなんて、
    女性を愛するってことは、やっぱ人生の一大事なんですね。



    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    5.0
    2013/7/17

    バブルを彷彿とする映画でした。
    原作も読んでるのですが、今回は観た後にズシンと来ました。
    レ・ミレゼラブルは観た後に感涙しましたが、顕かに異なります。
    ある意味純粋な愛を貫いた主人公に悲哀を感じました。
    過去は変えられると Gatsbyが言ってるのですが、The past can change.だったかな。気になって仕方ない。
    kindleでThe great Gatsbyを購入して pastを検索したら You can't repeat the past. が出て来ました。この辺かな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2013/6/25

    レオ様はともかく、『スパイダーマン』のトビー・マグワイアと『わたしを離さないで』のキャリー・マリガン?今最強の若手コンビですね。
    筋書きは、村上春樹が惚れ込んだ、フィッツジェラルドの骨太の小説ですから、これは『レ・ミゼラブル』のような成功間違いなしの作品です。
    パーティー・シーンは確かに圧巻で、3Dの効果が出そうですね。制作費がかかっているのも分かります。
    という中で今、この映画が興行される意味ですね。日米共に、社会全体としての危機感があります。バブルの足音も戦争の足音もまた環境問題の足音も聞こえて来ます。その中で、そう?浮かれていていいの?という声が聞こえて来ませんか?

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2013/6/24

    この場面は3D効果だろうと箇所ヵ所に思いつつ、色彩を選んで2Dで拝見。どちらも見れば良いんですが…

    圧巻ですね。どの人も言うけれどパーティーシーン。主人公のギャツビーがなかなか出てこず、上映20分経過したごろにあの登場。あの背景、あのスマイル、近代稀に見る登場シーンである。虚栄をかぶった完璧なシーン。

    アメリカ黄金時代。上流階級に限ってでしょうが。フィッツジェラルド自身を投影しているようであるが、彼自身も当時、パーティー三昧であったり、時にお金を燃やしたりなど、とてもついて行けない行動。

    B.ラーマンが仕掛ける「ロミオ+ジュリエット」でもパーティーシーンがあったが、19年経過した今、レオと再びタッグを組み、製作費も相当かけたなぁと改めて思う。一流ブランドずらり。パーティードレスも素敵だが、デイジーがサテンを頭に巻き、同様のサテンドレスが素敵だ。

    しかし豪邸である。パレスだ。人の住居にはとても思えない。ギャツビーに集まるのではなく、お金に集まる人々。あんなに華やかなのに卑しく見える。その証拠はラストで物語る。人々はギャツビーという人物がどんな人物かなどどうでもよかった。煌びやかさと反対に人の感情はものすごく冷たい。
    デイジーは実際のところ、どうだったのだろう。正直、ずるいと思った。トムに白状する際も怖気づいた。最後はニックが言うように花の一つもなかった。今後再会は無いと言うのに。
    ギャツビーの一方的無垢。再会の、ニック邸でのあんなに嬉しそうな顔。レオのベビーフェイスもプラスに動き、より純粋さが表現される。
    唯一、ニックという人物がギャツビーを理解したことが慰めか。

    B.ラーマンはしっかり豪俳優も入れ、土着愛を感じる。
    「ロミオ+ジュリエット」から成熟したラーマンとレオ。さらに20年後も可能?可能でしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2013/6/20

    レオがこういう役演じるの久しぶりよね。
    ずっと避けていたじゃない。
    骨太な役ばかり選んできたけど、こういう役、やっぱり似合う。
    そしてこう言う役だからこそレオの演技力が光る。一瞬見せた凶悪な表情とかが映える。・・と思う。

    キャリー・マリガンが本当に清楚で可憐で綺麗で、こんな子が居たらそりゃあ周囲は惚れるわね。
    それでいて危ういんだから。

    でもねぇ、やっぱり良家の子女たる者の考え方。保身の為の行動は見事だわ。

    汚い事でも何でもやってきたギャツビーの方が純で、健気で、単純なんだな。そして完全に道化よね。
    成功して派手で噂の的で顔が広くて・・でも実が無い。
    寂しいねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    1.0
    2013/6/20

    過去の名作と言われている作品とは、全く別もの。
    ヒロイン役のキャリー・マリガンは、美女とは言えないので完全にミスキャストです。人妻でも奪い去りたくなる様な「いい女」には、到底見えない。役者としての演技力の問題ではなく、美女としての魅力に欠ける。
    やたらに画面が派手だが、CGばっかりで安っぽい。観ていて退屈してしまった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    3.0
    2013/6/19

    土曜日のレイトショーで観てきました。

    パーティーにシーンは豪華で圧巻でしたが、ギャッツビーさんは孤独でかわいそうでした。

    女心は難しいですね。

    ディカプリオさん、ちょっと老けた感じがしたのはメイクでしょうか?

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    2.0
    2013/6/15

    予告編を見た時はドンピシャだと思っていたのだが、動いているディカプリオは「ギャツビー」とはいささか違う。十年くらい前に撮っていたらもう少しイメージに近かったかもしれない。
    以前見た作品で幾分地味目という印象だったキャリー・マリガンだが、豪華な衣装と宝石が似合っていて余りにも美人さんでびっくりした。

    昔読んだ小説に「1920年代のドレス」とあってどんなドレスだろう?と思ったことがあったが、ギャツビーの時代だからドンピシャ。体の線がきっちり見えてしまう、お洒落なドレスの数々はゴージャスでうっとり。
    上映前ティファニーのCMが流れて何故?と思ったら作品の中で使われているとのこと。巨大なダイヤの指輪よりも、デイジーの髪飾りが彼女を引き立てていてとても素敵で印象に残っている。

    ウン十年前に原作を読んだ時、ギャツビーっていうのはトコトン報われないオトコだと思ったが、今回の映画を見ると手前勝手な思い込みだけで突き進んでいる面が見えて、結末もむべなるかなという感もなきにしもあらず。
    原作は現代アメリカ文学の最高峰作品の一つと聞くが、この作品に限らずだけれど、原作読者を納得させる映像化は本当に難しいものだと思った。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
1/1