青春の光と影|MOVIE WALKER PRESS
MENU

青春の光と影

1969年7月5日公開,0分
  • 上映館を探す

ビル・E・ケリーとホール・バートレットのオリジナル・シナリオをホール・バートレットが監督した青春もの。撮影はリチャード・ムーア、音楽はティム・バックレー。出演は新人ケント・レイン、「エル・ドラド」のミシェル・ケーリー、「主題はバラだった」(日本未公開)でアカデミー助演男優賞を得たジャック・アルバートソンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

たった一言いい足りなかったばかりに恋人ボビーを波間に失ったケント(ケント・レイン)の心には、何もかもが空しくみえた。大学の講義も、友だちたちも、文明の発展さえも。もっと世間を広く知るため、ケントはカリフォルニアを南へヒッチハイクの旅に出た。途中彼は同じように気ままな旅を続けるジャーナリストのクリスティンに出会った。教育について、宗教について、セックスについて若者にインタビューを求めて歩くクリスティンとの旅で、ケントは世間を見る新しい目を開かれたような気がした。クリスティンと別れ、ある港町に来たケントは、そこの盛場で2度の結婚に破れたあばずれ女ジュリーを知り、懸命に生きる彼女に激しくひかれた。が、未熟な若者と人生の裏を知っている女との恋の破局はすぐにきた。小雨が降る朝、ケントは、見知らぬ町で、見知らぬ人と、新しい話をするため出発した。傷ついた心は早く忘れよう。忘れようにも忘れられない傷の痛みは、青春のかけがえのない思い出--それがいつかは役に立つことになりそうだ。そんなことを考えながら行くケントの後姿に雨と、にぶい光が落ちていた。

作品データ

原題
Changes
製作年
1968年
製作国
アメリカ
配給
松竹映配
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?