冴え冴えてなほ滑稽な月|MOVIE WALKER PRESS
MENU

冴え冴えてなほ滑稽な月

2013年9月7日公開,118分
  • 上映館を探す

「Destroy Vicious デストロイ・ヴィシャス」の島田角栄監督が“SM”と“パンク”をモチーフに作り上げた異色ミステリー。並外れた推理能力を持つSMクラブの女王と、彼女に惹かれ調教を受けながら事件を解決する刑事の姿を描く。出演は「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の黒川芽以、『ブラック・ジャック』シリーズの大塚明夫、「タクミくんシリーズ」の浜尾京介。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

全裸の男がビルの屋上から飛び降り、死亡した。そのビルには、自殺した男・松尾が足繁く通っていたSMクラブ“ミッドヘブン”があり、刑事の武藤雅美(浜尾京介)は、松尾を調教していたSMの女王・美礼(黒川芽以)に会い事情聴取をする。どこか陰のある美貌を持った美礼に惹かれ、やがて武藤は客としてクラブに通うようになる。並はずれた勘の良さと推理能力を持つ美礼は、武藤を従順な下僕へと調教しつつ、武藤の抱える数々の難事件を解決へと導いていくのだった。そんな折、M男と見られる男たちが次々と自殺する事件が発生。自殺者たちの調査を進めていくにつれ、彼らが皆、SMクラブに所属しない謎のSM女王・マリリンとプレイをしていたという事実が浮かび上がる。だがマリリンの実態はつかめず、自殺者は後を絶たない。そんな中、マリリンとプレイをした男がホテルで変死体となって発見される。容疑者マリリンを追う武藤。ところが、彼女に会ったことがあるというM男数人にモンタージュを作成させると、どのマリリンも全く異なった容姿をしていた。調査を進めるほどに謎は深まり、完全に捜査の方向性を見失った武藤は、再び美礼の調教を受けるのだった。美礼はこの不可解極まりない事件に今までにない強い興味を示す。一方、SM界でカリスマ的人気を誇るSMクラブ“ミラー”の愛紫亜(澤田由希)は、美礼と因縁のライバル関係にあった。そして何故か愛紫亜もこの事件に特別な反応を示し始めていた……。

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
配給
ティー・オーエンタテイメント
上映時間
118分

[c]2012 T.O Entertainment, Inc. [c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?