極道大戦争|MOVIE WALKER PRESS
MENU

極道大戦争

2015年6月20日公開,125分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

噛みつかれてヤクザ化した人々が壮絶な戦いを繰り広げる、鬼才・三池崇史監督によるアクション。不死身のヤクザの組長に首筋を噛みつかれ、ヤクザヴァンパイアとなった主人公が、街の人々を巻き込んで命を狙う刺客たちと抗争を展開する。主人公役の市原隼人、ヤクザの組長役のリリー・フランキーなど個性派が多数出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

史上最強のヤクザと言われる神浦に憧れ、極道の世界に入った影山。だが、現実は映画のような誇り高い仁義や任侠心に満ち溢れた世界とはほど遠く、うんざりしていた。そんなある日、神浦の命を狙う刺客が現れ、死闘のあげく神浦は八つ裂きにされてしまう。瀕死の彼の元へ駆け寄った影浦は首筋を噛みつかれ、体に異変が起きる。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
125分

[c]2015「極道大戦争」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2015/6/30

    【賛否両論チェック】
    賛:「噛まれたらヤクザ」の世界観が新鮮。復讐に燃える主人公の姿と、ヴァンパイアとしての覚醒が見事にマッチして、痛快なアクション大作として観られる。
    否:シュールすぎて良く分からないシーンも多く、苦手な人にはただただ不快に感じるかも。グロシーンも多数あり。

     まず、“ヤクザ・ヴァンパイア”という発想が斬新でステキです(笑)。カタギが皆ヤクザになってしまい、本業のヤクザが困ってしまう辺り、思わず笑ってしまいます。そんなシュールな世界観の中で、亡き親父の仇を討つため、自らの運命に立ち向かっていく主人公の姿が、とても痛快です。まさに、
    「愚直であれ。」
    ですね。
     笑いのシーンもかなりありますが、あまりにシュールすぎて、正直よく分からない場面も結構あります(笑)。
     ハマる人には非常に痛快なサバイバル・アクションです。良くも悪くも、好み次第の作品といえそうです。

    違反報告