さまよう刃|MOVIE WALKER PRESS
MENU

さまよう刃

2014年9月6日公開,122分
PG12
  • 上映館を探す

東野圭吾の同名小説を、韓国に舞台を置き換え「ベストセラー」のイ・ジョンホ監督が映画化。最愛の娘を殺した少年に自らの手で裁きを下そうとする父親と、その復讐を阻止しようと奔走する刑事の姿を描く。出演は「殺人の告白」のチョン・ジェヨン、TV『ゴールデンタイム』のイ・ソンミン。音楽は「ハウスメイド」のキム・ホンジプ。

予告編・関連動画

さまよう刃

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

織物工場で働く気のいい平凡なサラリーマン、サンヒョン(チョン・ジェヨン)は、数年前に妻をガンで亡くして以来、中学生のひとり娘スジンと暮らしている。残業の多い父に娘は文句を並べたてるが、そんな小言を言うスジンをサンンヒョンはただ可愛いと感じるのだった。だがある朝、スジンはむくれて食事もせずに登校する。その夜、残業を終えて雨の降りしきる中、深夜にサンンヒョンが自宅へ帰ると部屋にスジンの姿が見えないことに気づく。駅に迎えに行くことができなかったことに腹を立てて帰ってきていないのか、と思案するがとうとう姿を見つけられず、翌日、工場へ出勤したサンヒョンに警察から連絡が入る。町内の廃墟と化した銭湯の一室で、スジンが遺体となって発見されたという。遺体にはレイプされた痕跡があり、強力な薬物投与が死因と見られた。喪失感とショックから何も手に付かない状態になったサンヒョンに、担当刑事オッグァン(イ・ソンミン)は自宅待機を促すが、居ても立ってもいられないサンヒョンはスジンの部屋を眺め、ただ街をさまようのだった。そんな中、サンヒョンの携帯電話に匿名の情報提供が入る。そこに書かれている住所に向かい、留守の部屋に押し入って家捜しを始めたサンヒョンは、12月10日の日付が入ったDVDを見つける。そこには少年たちに暴行されるスジンの一部始終が映っていた。気が狂わんばかりの哀しみと怒りに震えるサンヒョンは、感情を抑えることができず、ちょうど部屋に入ってきた少年の一人チョリョンをバットで殴り殺してしまう。チョリョン宛に届いたメールから、もう一人の少年ドゥシクが江陵へ行って事件のほとぼりを冷まそうとしていることを知ったサンヒョンは、電車に飛び乗り江陵に向かう。一方、チョリョンの殺害現場を見て犯人がサンヒョンだと見抜いたオッグァンもすぐさま江陵へ向かい、サンヒョンを追跡し始めるのだった……。

作品データ

原題
방황하는 칼날
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
韓国
配給
CJエンタテインメント・ジャパン
上映時間
122分

[c]2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?