暮れ逢い:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
暮れ逢い

暮れ逢い

2014年12月20日公開、98分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「仕立屋の恋」や「髪結いの亭主」でフェティシズムが滲む恋愛を描いたパトリス・ルコント監督が、『マリー・アントワネット』などの歴史小説で知られるステファン・ツヴァイクの短編小説を映画化。1900年代初頭を舞台に、裕福な夫と子を持っていても孤独を感じている若妻と貧しいながらも才気あふれる青年との激動の時代に翻弄される純愛を描く中で、若妻のつけるゲランの香水が匂い立ってくるような色香も掬い取っている。出演は「それでも恋するバルセロナ」のレベッカ・ホール、「ハリー・ポッター」シリーズのアラン・リックマン、テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のリチャード・マッデンほか。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

暮れ逢い

予告編

2014/10/10(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1912年、才気あふれる青年フリドリック(リチャード・マッデン)が裕福な実業家ホフマイスター(アラン・リックマン)の個人秘書として採用され、彼の屋敷に住むことになる。ホフマイスター家の人々とともに過ごすうちに若妻ロット(レベッカ・ホール)と惹かれあうものの、互いにその胸のうちを明かすことをせずにいた。そんな中、突然フリドリックが2年間メキシコに転勤することが決定。二人は堰を切ったように互いへの思いを伝え、2年後も変わらぬ愛を誓い合う。しかし第一次世界大戦がはじまり、激動の時代に二人は大きく翻弄される……。

作品データ

原題
UNE PROMESSE
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
フランス ベルギー
配給
コムストック・グループ(配給協力 クロックワークス)
上映時間
98分
製作会社
Fidelite Films=Wild Bunch=Scope Pictures

[c]2014 FIDELITE FILMS - WILD BUNCH - SCOPE PICTURES [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?