ファイナル・デッドクルーズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファイナル・デッドクルーズ

2015年1月6日公開,99分
  • 上映館を探す

逃げ場のない船上で繰り広げられる惨劇を描くホラー。監督・脚本は、「その男、国家機密につき」脚本のオリヴァー・ブラックバーン。出演は、「ニューヨーク高校白書 ゴーゴーダンサー潜入大作戦」のジュリアン・モリス、「マーセナリーズ 傭兵部隊」のロバート・ボールター。『未体験ゾーンの映画たち2015』で上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地中海リゾート地で知り合い、意気投合した7人の若い男女。パーティーの続きをしようと、豪華クルーザーでヨット・クルーズに出る。誰にも邪魔されない海の上で開放的な気分になった彼らは、クスリ、どんちゃん騒ぎとやりたい放題。しかし、おふさげが一線を越えてしまったとき、思いがけない悲劇が起こる。その悲劇は更なる悲劇を呼び、船上は逃げ場のない殺し合いの舞台と化す……。

作品データ

原題
DONKEY PUNCH
製作年
2008年
製作国
イギリス
配給
プレシディオ
上映時間
99分

[c]Warp X Ltd, Channel Four Television Corporation, UK Film Council, Screen Yorkshire Limited, EM Media. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2015/2/5

    【賛否両論チェック】 賛:極限状態において繰り広げられる、容赦ない裏切り合いが見もの。 否:前半は性描写が繰り返されるので、かなり退屈。グロシーンも多数あり。  前半は、若者達がイチャイチャしているだけなので、かなり退屈です。しかしひとたび事件が起これば、自分の保身のために仲間をも裏切り合う人間の本質が垣間見られ、その展開にハラハラさせられます。そしてそんな中で、主人公がどうやって生き延びていくかに注目です。  ラブシーンやグロシーンはかなり多いので、その点だけご留意して、ご覧下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告