シン・ゴジラ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シン・ゴジラ

2016年7月29日公開,120分
  • 上映館を探す

日本の怪獣映画史に名を残す“ゴジラ”が、「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣が監督を務め、シリーズ初のフルCGで復活。巨大怪獣の出現で未曽有の危機にさらされた人々の物語が描かれる。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみをはじめ、総勢328名のキャストが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京湾アクアトンネルが謎の崩落を起こし、総理大臣や閣僚による緊急会議が開かれる。海中にすむ巨大生物による可能性を指摘する内閣官房副長官・矢口の意見を周囲は一笑に付すが、直後、海上に巨大不明生物が現れる。鎌倉に上陸し、次々と街を破壊していくそれはゴジラと名付けられ、川崎市街でついに自衛隊との戦闘が始まる。

キャスト

長谷川博己

矢口蘭堂(内閣官房副長官)

竹野内豊

赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官)

石原さとみ

カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)

市川実日子

尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課長補佐)

犬童一心

古代生物学者

柄本明

東竜太(内閣官房長官)

大杉漣

大河内清次(内閣総理大臣)

緒方明

海洋生物学者

片桐はいり

官邸職員

神尾佑

風越(新政務担当総理秘書官)

國村隼

財前正夫(自衛隊・統合幕僚長)

KREVA

陸上自衛隊・第2戦車中隊長

黒田大輔

根岸(原子力規制庁監視情報課長)

小出恵介

消防隊隊長

高良健吾

志村祐介(内閣官房副長官秘書官)

小林隆

山岡(陸上自衛隊・統合部隊指揮官)

斎藤工

池田(陸上自衛隊・第1戦車中隊長)

嶋田久作

片山(臨時外務大臣)

諏訪太朗

田原(東京都副知事)

高橋一生

安田(文科省研究振興局基礎研究振興課長)

塚本晋也

間(国立城北大学大学院生物圏科学研究所准教授)

津田寛治

森(厚労省医政局研究開発振興課長)

鶴見辰吾

矢島(自衛隊・統合幕僚副長)

手塚とおる

関口(文部科学大臣)

中村育二

金井(内閣府特命担当大臣)

野間口徹

立川(資源エネルギー庁電力・ガス事業部原子力政策課長)

橋本じゅん

自衛隊・東部方面総監部幕僚長

浜田晃

河野(総務大臣)

原一男

生物学者

ピエール瀧

西郷(陸上自衛隊・タバ戦闘団長)

平泉成

里見祐介(農林水産大臣)

藤木孝

川又(東京都副知事)

古田新太

沢口(警察庁長官官房長)

前田敦子

カップルの女

松尾諭

泉修一(保守第一党政調副会長)

松尾スズキ

早船(フリージャーナリスト)

三浦貴大

新人記者

光石研

小塚(東京都知事)

森廉

避難民

モロ師岡

警察庁刑事局長

矢島健一

柳原(国土交通大臣)

余貴美子

花森麗子(防衛大臣)

渡辺哲

郡山(内閣危機管理監)

石垣佑磨

芦田(航空自衛隊・第2飛行隊第1小隊長)

岡本喜八

牧博士〈写真〉

野村萬斎

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
120分

[c]2016 TOHO CO., LTD. [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.9
  • お水汲み当番

    4
    2020/7/19

    最初に出てくるゴジラの姿。
    想像を絶するチープでダサいゴジラには驚かされますが、これは製作者の作戦だったんですね。
    私はマンマとその作戦に嵌まってしまいました。

    このマンガチックな造形があるからこそ、後半に出てくる「成長したゴジラ」に迫力と実在感を感じるわけです。
    それにしても、よく考えたものだと感心です。

    映画のなかで徹底的に破壊し尽くされる日本の国富の喪失たるや、もうそりゃスザマジイ限りです。

    3.11地震とその後の福島原発の爆発を題材にしているのは、イヤでもわかります。
    原発事故に関する国会事故調による大量の調書に目を通しておくと、また趣が盛り上がる映画だと思います。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • モッピー

    4
    2020/5/18

    石原さとみがウザイので80点!

    原点回帰で一作目ゴジラの自衛隊兵装日本VSゴジラは正しく踏襲されていますが、次回作には期待と不安が混在しています、対ゴジラのメカゴジラ搭乗員が石原さとみで必殺攻撃がウザ英語だったりしたらと・・・(=_=)?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • づーめ

    5
    2018/10/21

    劇場鑑賞済み。ここ数年の邦画の中で最高の出来だと思ってます。
    でも以外とここのレビュー見てるとイマイチって方もいるのね。超早口な台詞は情報詰め込むためにわざとやってるし、石原さとみのルー大柴ばりの英語もあえてそういう演出なんだと思ってる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告