サウルの息子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サウルの息子

2016年1月23日公開,107分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第68回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したハンガリー映画。1944年、アウシュヴィッツ。ユダヤ人ながら同胞の屍体処理を担うサウルは、あるとき息子に似た少年の遺体を発見。ユダヤ教の教義に則って手厚く埋葬してやろうとするが……。監督・脚本は、タル・ベーラに師事したハンガリーの新鋭ネメシュ・ラースロー。ブダペスト出身の詩人ルーリグ・ゲーザが主役に抜擢された。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。ハンガリー系のユダヤ人、サウル(ルーリグ・ゲーザ)は、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊・ゾンダーコマンドとして働いている。ある日、サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見。その少年はすぐさま殺されてしまうが、サウルはラビ(=ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義に則って手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する……。

作品データ

原題
SAUL FIA
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
ハンガリー
配給
ファインフィルムズ
上映時間
107分

[c] 2015 Laokoon [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とし

    5.0
    28日前

    2021年8月21日
    映画 #サウルの息子 (2015年)ハンガリー映画 鑑賞

    #アカデミー賞 #外国語映画賞 ほか各国で多数の映画賞を総ナメにした作品

    強制収容所内で、ガス室で殺された同胞のユダヤ人の死体処理などを強制されたユダヤ人による労働部隊 #ゾンダーコマンド を描いた作品

    ただただ恐ろしい

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2016/2/3

    収容されたユダヤ人の中で、ナチスの手足となって働く彼らにゾンダーコマンドと言う名前がある事を初めて知りました。

    勿論彼らも安泰な訳では無く、いつ殺されるか解らない状態。

    とても残忍だけど、サウルの醒めた目線で描かれるので日常のように淡々と事が進んでいくのです。心が麻痺しそうですね・・
    心を殺して、虚ろで従順なサウロは、少年の遺体に出会って急に生気を取り戻す。
    本当の息子・・?では無い。息子が本当にいるのかどうかも良く解らないけれど。
    息子が居たらこうしてあげたい・・と言う思いなのかな?
    結構危うい立場なのに大胆な行動に出ます。

    お陰でゾンダーコマンドがどう言う事をしていて、どう言う立場だったのかが良く見えてきます。

    皆生き残る事に必死だった筈。恐怖の中だからこそ、何かに救いを見出したかった筈。
    逃げ出したり戦ったりの計画を立てる事で気力を失わなかった人も居る。
    サウルはそれが少年をユダヤ式埋葬することだったのね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2016/1/30

    無名の新人監督がカンヌ映画祭でいきなりグランプリを獲得し、続いてゴールデングローブ賞の外国映画賞も受賞した38歳のハンガリー出身のネメシュ・ラースロー監督作品。
    同胞であるユダヤ人の死体処理に従事するゾンダーコマンドを描いた内容に終始胸が張り裂ける想いでしたが、殺戮が当たり前となり、誰もが人間らしくなくなってしまった世界で、「人」として生きようとする主人公の姿に感動しました。
    この手の映画はハッピーエンドではないと覚悟はしていましたが、この作品は人よって分かれると思います。ちなみに私はグッドエンディングだったと思いました。

    違反報告