妻を愛せ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
妻を愛せ
妻を愛せ

妻を愛せ

1921年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「嵐を衝つて」を書いたガートルード・アーサートン嬢の原作を、「夫が欺く時」「広き世界へ」等のウォーレス・ウォースリー氏が監督したもので、主役は「女は知らず」「我が妻を見よ」「海の狼(1920)」等出演のメイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、相手はゼンダ城の虜」主演のルイス・ストーン氏、其他ダレル・フォッス氏も出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

名のみに等しい愛情のない夫、友人の様な夫を持ったマデレインは、或る他の男と恋に陥った。其土地の法律を以て離婚が許されない為に此恋人同志は甘い誘惑の為に闘ったが、彼女は道徳的決心を以て恋を断念しようとした。しかしやがて離婚は成立したのであった。善良な男女3人が男女間の情愛の否み難きに悶ゆる面白いところが狙ってある。

作品データ

原題
Don't Neglect Your Wife
製作年
1921年
製作国
アメリカ
配給
松竹
上映時間
0分
製作会社
ゴールドウィン映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?