聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅

聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅

2016年9月3日公開,105分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

身体能力を高めるための古典ヨガを発展させた新たな方式を確立し、近代ヨガの父と呼ばれるT.クリシュナマチャリアの軌跡をたどるドキュメンタリー。南インドを訪れた監督が師の弟子や子供たちから直接レッスンを受けながら、ヨガのルーツをめぐっていく。監督はドイツ人ドキュメンタリー作家のヤン・シュミット=ガレ。アシュタンガヨガを中心に国内外で指導を行っているケン・ハラクマが字幕監修を担当している。

予告編・関連動画

聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

今や世界3億人もの人々が愛好していると言われるヨガ。そんなヨガの起源に興味を抱いたドイツ人監督ヤン・シュミット=ガレは、『近代ヨガの父』ティルマライ・クリシュナマチャリアの軌跡を追うため、南インドを旅する。20世紀はじめ、インドでヨガは少数の年配者や僧侶ら限られた者にしか知られていなかった。当時大学でヨガの実践と哲学を教えていたクリシュナマチャリアは、マイソール王国の君主に雇われからのち、身体能力を高めるための古典ヨガを発展させる。こうしてクリシュナマチャリアが新しく確立させたヨガの方式は、現代ヨガの源流となっていった。旅の中で、クリシュナマチャリアの直弟子であり運動量の多いアシュタンガーヨガを考案したK.パタビジョイスから太陽礼拝を学び、アイアンガーヨガの創始者B.K.S.アイアンガーからヨガのポーズの一種アーサナの指導を受け、クリシュナマチャリアの三男からは『命を救うヨガ』を施されるシュミット=ガレ監督。南インドの美しい風景と貴重な映像を織り交ぜ、ヨガのルーツをめぐっていく。

作品データ

原題
DER ATMENDE GOTT: REISE ZUM URSPRUNG DES MODERNEN YOGA
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
ドイツ=インド
配給
アップリンク
上映時間
105分
製作会社
PARS Media

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?