初恋スケッチ ~まいっちんぐマチコ先生~:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
初恋スケッチ ~まいっちんぐマチコ先生~
初恋スケッチ ~まいっちんぐマチコ先生~

初恋スケッチ ~まいっちんぐマチコ先生~

2018年9月8日公開,75分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1980年代に人気を博したTVアニメ『まいっちんぐマチコ先生』の原作者えびはら武司の画業45周年を記念して制作された実写版。スランプに陥った漫画家ケンタは、気分転換にと田舎へ帰る。そこで母校あらま学園の教師・響子と出会い、昔のマチコ先生の面影を見る。出演は、本作が映画初主演となる大澤玲美、お笑いコンビ『しずる』の村上純、池田一真、お笑いコンビ『ライス』の関町知弘、TV『宮本から君へ』の華村あすか、「女流闘牌伝 aki アキ」の増田有華、「CHATZONE」の鈴木まりや、「ゆずりは」の前田けゑ。監督は「夏ノ日、君ノ声」の神村友征。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

学校を卒業して10年。池上ケンタ(村上純)は漫画家になる夢を叶えて東京に出てきたものの、漫画が描けなくなりスランプに陥ってしまう。そんな折、ケンタの幼馴染で母校・あらま学園の体育教師・網走金三(池田一真)から、学園が取り壊しになるので帰ってきてくれと連絡が入る。気分転換も兼ねて田舎に帰ってきたケンタは、旧友のカメこと亀山タマ夫(関町知弘)、成城ヒロミ(増田有華)、金三と合流して“取り壊し反対メンバー”に参加。そこで、学園の教師・高代響子(華村あすか)と出会い、昔のマチコ先生(大澤玲美)の面影を見る。マチコ先生との想い出を巡るうち、次第に漫画を描く楽しさを思い出していくケンタ。そんななか、取り壊し推進派の中心人物である松本ヒロシ(前田けゑ)と君嶋ナナオ(鈴木まりや)は圧力を高め、本格的な対立が深まっていく……。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
配給
らんくう
上映時間
75分
製作会社
平成30年版「まいっちんぐマチコ先生」製作委員会(企画:K-Network Family/制作:らんくう)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?