ホフマニアダ ホフマンの物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ホフマニアダ ホフマンの物語

2019年4月2日公開,72分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「チェブラーシカ」のソユーズムリトフィルムが15年を掛けて作り上げたストップモーションアニメーション。『くるみ割り人形』の作者ホフマンを主人公にしたファンタジー。働きながら音楽家を目指す若きホフマンは、現実世界と空想世界の間を彷徨うが……。『くるみ割り人形』のほか、『黄金の壺』、『ブランビラ王女』、『砂男』といったホフマンの代表作の登場人物たちが活躍する幻想的な作品となっている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

今や作家、作曲家として大成したエルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマンは、自分の人生と作品を振り返り、過ぎ去った日々を思い起こす。若い頃、ドイツの小さな町で裁判官見習いとして働き、質素な家の屋根裏部屋を借りて音楽家を目指していた日々。昼間は官庁で退屈な仕事をこなし、仕事の後は近所の居酒屋に足を運び、夜は芸術的な創作活動に熱中する。彼の目には、官庁の官僚たちが灰色で卑劣なネズミのように映っていた。まるで食べ過ぎで退屈な獣のような習性を持った心のない操り人形のように。そんな日々の中、突然、エルンストの目の前に開く空想世界アトランティス。そこでエルンストは、学生アンゼルムスに変身する。そんな彼を翻弄するのは、3人の若い女性たち。上流階級のヴェロニカ、無口で神秘的なオリンピア、そして美しいヘビ娘のゼルペンティーナ。どの女性も、それぞれアンゼルムスにとっては理想の姿を持っていた。アンゼルムスがニワトコの木の下で出会い、恋に落ちたヘビ娘は、若く美しいゼルペンティーナに変身する。だが、彼女の父親は現実社会では、枢密文書官サラマンダー・リントホルストだった。さらに、市場では年老いた魔女と出会い、砂男だと確信する父の友人の弁護士コッペリウスがエルンストの前に現れる……。上流社会の無関心、虚栄心の強い官僚たちの醜さ、偽物の美しさによる策略の罠と日々対峙するエルンスト。彼はそんな現実社会をアンゼルムスの純粋さと熱意によって切り抜けていくが……。

作品データ

原題
Гофманиа́да
製作年
2018年
製作国
ロシア
配給
リスキット
上映時間
72分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?