ドラマ「聖☆おにいさん 第II紀」|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ドラマ「聖☆おにいさん 第II紀」
ドラマ「聖☆おにいさん 第II紀」

ドラマ「聖☆おにいさん 第II紀」

2019年6月6日公開
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

中村光のギャグ漫画『聖☆おにいさん』を「銀魂」シリーズの福田雄一が監督・脚本を務め、俳優の山田孝之が製作総指揮を執る実写化プロジェクト第2弾。東京・立川でアパートをルームシェアしながら下界のバカンスを満喫しているイエスとブッダの日常を綴る。出演は、「ユリゴコロ」の松山ケンイチ、「きみの鳥はうたえる」の染谷将太。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世紀末を無事に超え、神の子・イエス(松山ケンイチ)と目覚めた人・ブッダ(染谷将太)は、東京・立川のアパートでルームシェアしながらバカンスを満喫している。二人の下界への興味は止まることなく、聖地巡礼に訪れた秋葉原でプリクラを撮ったり、インスタ映えを気にしたりとJKのようにエンジョイしている。しかし、ついつい何かにつけ“奇跡”を起こしてしまい……。

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
配給
S・D・P

[c]中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • 門倉カド(映画コーディネーター)
    門倉カド(映画コーディネーター)
    4.0
    2019/6/30

    【賛否両論チェック】
    賛:今回はアパート以外のシーンも多く、前作以上にイエスとブッダのほのぼのとした日常が、シュールな笑いと共に描かれていくのが楽しい。
    否:そもそものキリスト教や仏教の知識が全くないと分からないネタも多く、笑い自体もとってもシュールなので、好き嫌いは分かれそう。終わり方もかなり唐突(笑)。

     前作はほぼほぼアパートのシーンだけで完結していたので、面白いけれどどうしても退屈してしまいがちでしたが、今回は沢山ロケを敢行されたようで(笑)、より様々なシチュエーションでのイエスとブッダの日常が、とってもコミカルに描かれていくのがステキです。
     そして本作の魅力といえば、ほんわかとした中に宗教ネタを絶妙に絡めたシュールな笑い。個人的にはUFOキャッチャーでの「カンダタ」ネタや、リンゴの「原罪の象徴」ネタ、交番での山田裕貴さん演じる警官とのやり取りなんかが笑ってしまいました。
     なので、特段「聖☆おにいさん」の知識は不要ですが、キリスト教や仏教に関する最低限の知識がないと、折角のネタも
    「・・・何のこと?」
    ってなってしまうかも(笑)。本作はどちらかというと、原作ファン向けの作品なのかも知れませんね。

    違反報告