浜の記憶:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
浜の記憶
浜の記憶

浜の記憶

2019年7月27日公開,52分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「生きる」など数々の映画に出演し俳優生活70周年を迎えた加藤茂雄が93歳で初主演を務めた人間ドラマ。鎌倉の海岸で地引網を営む漁師・繁田は、亡き祖父が漁師だったという若い娘・由希と親しくなる。しかし、離れて暮らす繁田の娘が二人の前に現れ……。出演は、オーディションで選ばれた新星・宮崎勇希、「ああ栄冠は君に輝く」の渡辺梓。監督・脚本は、「鎌倉アカデミア 青の時代」の大嶋拓。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

鎌倉・長谷の海岸で地引網を営む93歳の漁師・繁田(加藤茂雄)はすでに妻を亡くし、東京で教師をしている一人娘・智子(渡辺梓)が月に数回顔を出す程度だが、綱を引く手はいまだ現役で悠々自適の一人暮らしをしている。しかし、徐々に老いと漠然とした孤独感に苛まれていた。そんな夏の初め、カメラマンを目指している若い娘・由希(宮崎勇希)が、働く繁田の姿を写真に撮り、気さくに話しかけてくる。今は亡き祖父も漁師だったという由希は、それからも浜辺を訪れるようになり、繁田と親しくなっていく。二人は海を歩き、祭りを楽しみ、鎌倉の古寺を巡り、かけがえのない時間を共有していく。そんなある日、浜辺で逢瀬を楽しむ繁田と由希の前に智子が現れ、二人の関係は思いがけない方向に……。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
配給
「浜の記憶」製作委員会
上映時間
52分
製作会社
「浜の記憶」製作委員会

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?