シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

2019年11月29日公開,93分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日本の人気漫画『シティーハンター』を「世界の果てまでヒャッハー!」のフィリップ・ラショー監督・主演で実写化。リョウと香は、匂いを嗅いだ者を虜にする香水を、悪の手から守ってほしいと依頼されるが……。「アラジン」の山寺宏一らによる吹き替え版で公開。出演は、「アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件」でもラショーと共演したエロディ・フォンタン、タレク・ブダリ、ジュリアン・アルッティ。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ボディガードや探偵を請け負う凄腕のスナイパー“シティーハンター”こと冴羽リョウ(フィリップ・ラショー、声:山寺宏一)は、相棒の槇村香(エロディ・フォンタン、沢城みゆき)とともに様々な仕事をしている。ある日、掲示板に“XYZ”宛の新しい依頼が書き込まれる。依頼人の男ドミニク・ルテリエ(ディディエ・ブルドン、土師孝也)が持ち込んだ仕事は、ルテリエの父が開発した、香りを嗅いだ者を虜にする“キューピッドの香水”を悪の手から守ってほしいというものだった。リョウが香水の効果を疑うと、ルテリエが香水を嗅がせる。すると、リョウは一瞬でルテリエの虜に。それでも信用しないリョウは、香に香水を吹きかける。香が効果を試そうと歩き出した瞬間、現場に爆風が吹き荒れる。一瞬の出来事に気を取られた隙に、キューピッドの香水はバイクに乗った男に奪われてしまう。その男とは、リョウの旧友で元傭兵の海坊主(カメル・ゴンフー、玄田哲章)だった。世界を危機から救うため、48時間以内に香水を取り戻さなければならない。香の香水を嗅いでしまう帽子の男パンチョ(タレク・ブダリ、浪川大輔)、セレブ好きの男スキッピー(ジュリアン・アルッティ、多田野曜平)、美人刑事の冴子(ソフィー・モーゼル、一龍斎春水)を巻き込み、香水奪回作戦に火蓋が切って落とされるが……。

作品データ

原題
NICKY LARSON et le parfum de Cupidon
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
93分

[c]AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ヤマダ

    5.0
    2020/3/26

    公開前はあんまり期待をしていなかったのですが、いざ見たら紛れもなくシティハンターな世界が広がっていました。見ることができて良かったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2020/3/2

    【賛否両論チェック】
    賛:原作を知らなくても問題なし。破天荒な登場人物達が、悪党の陰謀を阻止すべく大暴れする様に、沢山笑って楽しめる。ド迫力のアクションも必見。
    否:下ネタやお色気シーンが多いので、苦手な人には向かない。

     「ザ・ツッコんだら負け」な映画です(笑)。そもそもフランス映画なことや、荒唐無稽なストーリー、超ご都合主義な怒涛の展開等々、考え出すとキリがありませんが、それこそ野暮というもの。登場人物のキャラクターや、脇を固める声優陣、物語を彩る音楽の数々等、確かにシティーハンターの要素はてんこ盛りです。
     美女に目がないお調子者でありながら、いざとなったら頼りになる凄腕スイーパー・リョウが、お目付け役のパートナー・カオリと共に、惚れ薬の謎を突きとめるため、スクリーン狭しと大暴れする姿は、実写でも健在。必見です。
     グロシーンも少しあったりしますが、原作を知らなくても、何も考えずに観られるアクションコメディムービーです。是非ご覧になってみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    みみぱ

    5.0
    2019/12/25

    確かにシティーハンターだ(・∀・)人(・∀・)
    フランス映画初めてだったけど何か凄く素敵
    観てすぐ☆5つけちゃうとレビューにならないですが
    シティーハンター好きには観て欲しい映画
    上手く表現できないので実際観るべし

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/12/6

    フランス製のそっくり俳優によるコスプレ実写版。

    原作とアニメへの愛とリスペクトに溢れているのは、画面の隅々まで行き届いていてよくわかった。
    もっこりして、ハンマー出て、戦って、最後に「GetWild」が流れれば、なんでも『シティハンター』ではあるのだが(^^)

    日本じゃ無理でしょってレベルの、ベタで下品な下ネタオンパレードは、清々しいほどバカバカしく、割り切って観れば面白い。
    昔のアニメ版『シティハンター』ファンなら喜べるんじゃないかな?
    実写版の『小さなバイキング ビッケ』や『ハイジ』なんかを思い出しました。

    違反報告