ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「ラ・シルフィード」:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「ラ・シルフィード」』
ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「ラ・シルフィード」
ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「ラ・シルフィード」

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「ラ・シルフィード」

公開日不明,120分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロシアの名門『ボリショイ・バレエ団』の舞台を劇場上映するシリーズの一作。『ジゼル』『白鳥の湖』と共に三大バレエ・ブランのひとつに数えられるロマンティック・バレエの代表作。清純で甘美な魅力を放つ妖精と、人間の青年の神秘的な恋が詩情豊かに綴られる。現存するバレエの中で最も古い作品の一つであり、デンマークのブルノンヴィル・スタイルの作品。ブルノンヴィル版のエキスパート、ヨハン・コボーの振付によって再演された。2018年11月11日の舞台を収録。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スコットランド。婚約者エフィ(クセニア・ジガンシナ)との結婚式の日、ジェームズ(セミョーン・チュージン)は、羽のある空気の精シルフィード(アナスタシア・スタシュケヴィチ)のキスで目覚める。その美しさに心を奪われたジェームズは、現実を忘れ、手が届くはずのない愛を求めてしまうのだった……。

作品データ

製作年
2019年
製作国
ロシア
配給
ライブ・ビューイング・ジャパン
上映時間
120分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?