ファーストラヴ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ファーストラヴ

ファーストラヴ

2021年2月11日公開,119分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説を、『望み』などの堤幸彦監督が北川景子を主演に迎え映画化したサスペンス。公認心理師の主人公が、ある刺殺事件の容疑者である女子大生と面会を重ねるうちに、自分自身の過去の記憶につながる意外な真相にたどり着く。主人公を翻弄する美しき容疑者を芳根京子、主人公とともに事件に迫る敏腕弁護士を中村倫也、主人公の夫であるカメラマンを窪塚洋介が演じる。

閉ざされた“愛の記憶”の扉が開く…『ファーストラヴ』特集

閉ざされた“愛の記憶”の扉が開く…『ファーストラヴ』特集 PR

“ファーストラヴ”というタイトルに秘められた事件の真実に、ここだけしか読めない座談会や、映画鑑賞前から鑑賞後まで、いつ読んでも面白い、濃密なコラムで迫っていきます。

予告編・関連動画

ファーストラヴ

本編映像

2021/2/10(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

父親を殺害した容疑で女子大生の聖山環菜が逮捕され、「動機はそちらで見つけてください」という彼女の言葉が世間を騒がせていた。事件を取材する公認心理師の真壁由紀は、夫の弟で弁護士の庵野迦葉とともに環菜の動機を探るため面会を重ねる。二転三転する環菜の供述に翻弄されながらも、彼女に過去の自分と似た“なにか”を感じ始めた由紀は、心の奥底に隠したはずの“ある記憶”と向き合うことになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
119分
製作会社
「ファーストラヴ」製作委員会(KADOKAWA=ハピネット=ローソンエンタテインメント=ステータス=乃村工藝社=オフィスクレッシェンド=文芸春秋=朝日新聞社=GYAO=毎日放送=UNITED PRODUCTIONS=ムービーウォーカー)(制作プロダクション:角川大映スタジオ=オフィスクレッシェンド/企画協力:文芸春秋)

[c]2021「ファーストラヴ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9 /158件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?