ペトルーニャに祝福を|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ペトルーニャに祝福を

2021年5月22日公開,100分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第69回ベルリン国際映画祭エキュメニカル審査員賞・ギルド映画賞に輝いた人間ドラマ。北マケドニアの小さな町。面接で不採用となったペトルーニャは、その帰りに女人禁制の伝統儀式・十字架投げに遭遇。彼女が思わず十字架を手にしたことから、騒動が起きる。北マケドニアの首都スコピエ出身、「ティトフ・ヴェレスに生まれて」(第9回東京フィルメックス特別招待作品)などを手がけてきたテオナ・ストゥルガー・ミテフスカ監督が、実話を基に、ペトルーニャの闘いをアイロニーとユーモアを交えながら描く。

予告編・関連動画

ペトルーニャに祝福を

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北マケドニアの小さな町。32歳のペトルーニャは、とりたてて美人ではなく、恋人はおらず、大学に通ったものの仕事はウェイトレスのアルバイトをしている。就職面接を受けたところセクハラに遭った上に不採用になってしまったペトルーニャは、その帰り道、司祭が川に投げ入れた十字架を男たちが追いかけ、手に入れた者には幸せが訪れると伝えられる女人禁制の伝統儀式・十字架投げに出くわす。思わず川に飛び込み幸せの十字架を手にしたペトルーニャだったが、女が取るのは禁止だと男たちは猛反発。教会や警察を巻き込んだ大騒動に発展してしまう。

作品データ

原題
Gospod postoi, imeto i’ e Petrunija
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
北マケドニア=フランス=ベルギー=クロアチア =スロベニア
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
100分

[c] Pyramide International [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?