ライブリポート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ライブリポート

2020年6月12日公開,99分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ファースト・キル』のスティーヴン・C・ミラー監督がメガホンをとり、リアルタイムで事件の様子が配信される誘拐事件を描くサスペンス。誘拐された少女の救出に奮闘する警察官を『ダークナイト』のアーロン・エッカートが、捜査に協力するネット配信リポーターを『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のコートニー・イートンが演じる。

予告編・関連動画

ライブリポート

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

透明の箱に閉じ込められ泣き叫ぶ少女の映像が警察のもとへ届く。誘拐されたその少女の命が残り64分しかないことを知った警察官ペニーは、ネット配信リポーターのエイヴァとタッグを組んで捜査を開始。SNSを駆使して事件の映像を拡散し、視聴者に情報提供を呼びかける。だが、真偽不確かな情報が飛び交い捜査は難航。少女の危機が刻一刻と迫るなか、ペニーが過去に起こしたある事件の存在が明らかになる。

作品データ

原題
LINE OF DUTY
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
ギャガ・プラス
上映時間
99分

[c]2019 LIVE MOVIE LLC gaga.ne.jp/livereport [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2020/6/17

    【賛否両論チェック】 賛:成り行きで共に戦うことになった熱血警官と駆け出しリポーターが、立場や世代の壁を越え、次第にお互いを信頼し合えるようになっていく様子に、観ていて胸が熱くなる。次から次へと襲いくる、怒涛のアクションも必見。 否:“事件のライブ配信”というものへのフォーカスは、実際にはあまりないか。トントン拍子に進む都合がよすぎる展開や、常に後手後手に回る警察、主人公のありえない暴走等、現実味のない演出も多いので、その辺の好みも分かれそうなところ。  ひょんなことから行動を共にすることになった、正義感が強すぎる熱血警察官・ペニーと、こちらも真実の報道に燃える駆け出しリポーター・エイヴァ。最初はまさに水と油だった2人が、凶悪な犯人との戦いを共にしていくうち、次第に立場を越えた不思議な絆を育んでいくのが印象的です。  ただ“誘拐事件捜査の生中継”というテーマ自体は、それほどスポットライトを浴びていないといいますか、それそのものの必然性というのは、あまり感じられないかも知れないのが難点でもあります。  しかしそうはいっても、アクションは段違いのド迫力です。展開がかなりご都合主義だったり、警察が常に主人公や犯人の後手に回ってばかりだったり、主人公が現実だと大問題になること必至の暴走劇を繰り広げたりと、ストーリーはやや現実離れしている感はありますが、意外にもコミカルなシーンもあったりするので、その辺りにもご注目を。基本的にはサスペンスやアクションが好きな方向けの作品といえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    2.0
    2020/4/12

    タイムリミットを設けたサスペンスなのに、変にユーモア描写を盛り込んでいるために緊迫感がなく、話の求心力を著しく欠いている。SNSを取り込んだマスコミの過熱報道を揶揄…と見せかけての展開も、正直なんだかなぁと思わざるを得ない。 登場人物たちの描き込みも薄いために感情移入しにくかったりと、とにかく全体的に散漫で中途半端。何というか、辛いメニュー料理を頼んだら中辛以下だったという感覚。 ラストも安易な着地点と思わなくもないが、まぁこれはこれで。 監督が、あの迷作『大脱出2』を手がけた人物と聞いて嫌な予感はしていた。 ただ、本作で『ヒート』や『ダークナイト』を思わせるショットを多用しているあたりからも、本人は映画マニアなんだろうと思う。 映画マニアが映画監督になるケースは多い。しかしながら、この監督はその悪い見本みたいになっている気がする。 映画が撮れるならどんな映画でもいい…という考えが、本作や『大脱出2』の出来に到達してしまうのかなと、勝手に邪推。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告