わたしの叔父さん|MOVIE WALKER PRESS
MENU

わたしの叔父さん

2021年1月29日公開,106分

第32回東京国際映画祭コンペティション部門にて最高賞にあたる東京グランプリを受賞した人間ドラマ。デンマークの農村で年老いた叔父と静かに暮らすクリスだったが、かつて抱いていた獣医になる夢を思い出し、さらに青年マイクからデートに誘われ、葛藤する。監督は、本作が長編2作目の新鋭フラレ・ピーダセン。フラレ・ピーダセンの長編デビュー作「Hundeliv」で女優デビューしたイェデ・スナゴーが若い姪のクリスを演じる。監督はデンマークの農村に住み込み、イェデ・スナゴーの叔父であるペーダ・ハンセン・テューセンに密着しながらストーリーを作り、ペーダ・ハンセン・テューセンはクリスの叔父役で本作に出演している。

予告編・関連動画

わたしの叔父さん

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い頃に家族を亡くしたクリス(イェデ・スナゴー)は、デンマーク・ユトランド半島の静かで美しい農村で叔父(ペーダ・ハンセン・テューセン)と暮らしてきた。27歳となった今では、早朝に起床し、足の不自由な叔父さんの世話と家業の酪農の仕事をして、夕食後にコーヒーを淹れてくつろぎ、週に一度買い物に出かける日々を過ごしていた。そんな決まりきった毎日を送る中、クリスはある出来事をきっかけに、かつて抱いていた獣医になる夢を思い出す。さらに教会で出会った青年マイクからデートに誘われ、次々と変化が訪れ、戸惑いながらも胸がときめいていく。姪が将来の夢や恋に葛藤していることに気付いた叔父は、彼女の背中をそっと押すが……。

作品データ

原題
ONKEL
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
デンマーク
配給
マジックアワー
上映時間
106分

[c]2019 88miles [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?