凱歌|MOVIE WALKER PRESS
MENU

凱歌

2020年11月28日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東京都東村山市にあるハンセン病患者の収容施設、国立療養所・多磨全生園に、国の政策によって強制的に入所させられた元患者たちの姿を9年に渡って追ったドキュメンタリー。元患者たちの口から、そこで行われてきた非人道的な行為の実態が明かされる。監督は「曙光」「シロナガスクジラに捧げるバレエ」の坂口香津美。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京都東村山市にあるハンセン病患者の収容施設、国立療養所・多磨全生園。この施設は、入所者が植えた森の中にある。ハンセン病患者を祀った納骨堂には、連日、花を手向ける人の姿が絶えない。ある朝、元ハンセン病患者の中村賢一さんは、足の不自由な高齢の女性を車椅子に載せて納骨堂を訪れる。若い日、院内で強制的に堕胎手術をさせられた経験を持つ彼女は、今も“強制堕胎手術は、今なら殺人ですよ”と怒りと悲しみに体を震わせる。中村さんは入所した当初から、元ハンセン病患者の山内定さん・きみ江さん夫妻と、半世紀以上に渡って親交を重ねて来た。老境に入った3人は、かつてこの収容所内で行われていた凄惨かつ呪しき事実について、共に“その実態を自ら明らかにせずには死ねない”という強い思いを抱いていた。きみ江さんは22歳で入所して10ヶ月後、同じハンセン病患者の定さんと知り合い、結婚した。だが、院内での結婚には、夫となる男性が断種手術を受けることが条件となっていた。半世紀を経て、定さんの口から初めて語られる結婚直後の断種手術当日の模様。告白の日から半年後、定さんは永眠する。ハンセン病に罹患したことで、自らに与えられた人生の意味とは?使命とは?それを探すため、より強く生きるため、きみ江さんの新たな挑戦が始まった……。

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
スーパーサウルス
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?