ある人質 生還までの398日|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ある人質 生還までの398日

2021年2月19日公開,138分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ISの人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家の実話を映画化。怪我で体操選手の道を断念したダニエルは、夢だった写真家に転身。シリアの非戦闘地域を訪れるが、ISに誘拐され、拷問を受ける。家族は巨額の身代金を用意するために奔走するが……。原作は、プク・ダムスゴーの『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』。監督は、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレヴ。共同監督・出演は、「幸せになるためのイタリア語講座」出演のアナス・W・ベアテルセン。出演は、2017年ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞したエスベン・スメド、「ストレイ・ドッグ」のトビー・ケベル。

予告編・関連動画

ある人質 生還までの398日

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ダニエル(エスベン・スメド)は怪我のために体操選手の道を断念し、ずっと夢だった写真家に転身する。戦争の中の日常を撮影するためシリアの非戦闘地域を訪れるが、現地の情勢が変わり、ダニエルはISに誘拐され拷問を受ける。家族は巨額の身代金を用意するために奔走するが、犯人側は容赦なく追い打ちをかけ、要求はエスカレートしていく……。

作品データ

原題
SER DU MÅNEN, DANIEL
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
デンマーク=スウェーデン=ノルウェー
配給
ハピネット
上映時間
138分

[c]TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • rikoriko2255

    ソウルブラザーNO1

    3.0
    2ヶ月前

    絶望的な人質生活を強いられていたのに、また行きますか........................

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    モコママ

    4.0
    2021/2/6

    オンライン試写会で鑑賞しました。人権が守られていない社会があることを改めて気付かせられました。家族の絆と力も偉大でした。戦争を伝える使命感も大切ですが、自分とその家族のために命も大切にして欲しいと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告