TOVE/トーベ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

TOVE/トーベ

2021年10月1日公開,103分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フィンランドの「ムーミン」の原作者トーベ・ヤンソンの半生を創作の秘密と情熱を軸に描く物語。1914年、芸術家の両親のもと生まれたトーベは幼い頃から絵を描く芸術家だった。やがて戦火の防空壕で子供たちに聞かせた物語を機に「ムーミン」の世界が広がっていく。1945年、彼女はスウェーデン語の小説『小さなトロールと大きな洪水』を出版。その後、ムーミン・シリーズはイギリスの新聞に漫画連載が決まり、絵本や舞台など、世界中で親しまれるようになる。本作は2020年10月にフィンランドで公開されるや大絶賛で迎えられ、スウェーデン語で書かれたフィンランド映画としては史上最高のオープニング成績を達成し、本国では7週連続で興行収入1位を記録。第93回アカデミー賞国際長編映画賞フィンランド代表に選出された。

特集:映画から学ぶ“トリビア”で、世界を知る旅へ

その国の魅力が息づく、アカデミー賞の各国代表作になった”高評価映画”だけを特集!驚きの文化や制作秘話を解説 PR

その国の魅力が息づく、アカデミー賞の各国代表作になった”高評価映画”だけを特集!驚きの文化や制作秘話を解説

予告編・関連動画

TOVE/トーベ

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1944年のヘルシンキ、戦火の中でトーベ・ヤンソンは自分を慰めるようにムーミンの世界を作り、爆風で窓が吹き飛んだアトリエで暮らしを始める。型破りな彼女の生活は、彫刻家である父の厳格な教えに相反していたが、自分の表現と美術界の潮流との間にズレが生じていることへの葛藤、めまぐるしいパーティーや恋愛を経つつ、トーベとムーミンは共に成長していくのだった。自由を渇望するトーベは、やがて舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラーと出会い、互いに惹かれ合っていく。

作品データ

原題
TOVE
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
フィンランド=スウェーデン
配給
クロックワークス
上映時間
103分

[c]2020 Helsinki-filmi, all rights reserved [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    kin_chan

    4.0
    9日前

    彫刻家の厳格な父のもと、トーベは絵画の能力でアトリエを始めるがなかなか売れない。
    ムーミンの話しも漫画で描くが、最初はアルバイトぐらい。父にも、それは芸術じゃないと言われる。
    それが、人形劇にしないかと企画され成功。漫画も売れ出して…。
    でも、彼女の向上心は尽きることがない。
    父の遺品を整理していたら、トーベのムーミンの作品がファイリングされていた…。
    感動的な場面です。

    違反報告