ファーザー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファーザー

2021年5月14日公開,97分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『羊たちの沈黙』、『2人のローマ教皇』などの名優アンソニー・ホプキンス主演作。世界30ヶ国で上演された傑作舞台の映画化で、同舞台を手がけたフロリアン・ゼレールが自らメガホンをとり、映画初監督を務めた。御年83歳のホプキンスが自身と同名、同年齢の父を、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞を受賞したオリヴィア・コールマンが父を支える娘を演じる。第78回ゴールデングローブ賞では4部門にノミネートされた。

第93回アカデミー賞特集ページ

世界中が注目する映画の祭典についての情報満載

日本時間4月26日(現地時間4月25日)に実施される第93回アカデミー賞の授賞式に向け、MOVIE WALKER PRESSがお届けする「アカデミー賞特集」 ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントやアカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

予告編・関連動画

ファーザー

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロンドンで一人暮らしを送る81歳のアンソニーは認知症であるが、娘のアンが手配する介護人を拒否していた。そんななか、アンと結婚して10年以上になるという見知らぬ男が現れ、ここは自分の家だと主張する。だが、新しい恋人とパリで暮らすことになったとアンから告げられていたアンソニーは困惑。さらには、もう一人の娘ルーシーの姿も見当たらず、アンソニーは曖昧な記憶の中、現実と幻想の境界をさまよう。

作品データ

原題
THE FATHER
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
イギリス=フランス
配給
ショウゲート
上映時間
97分

[c]NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ORANGE STUDIO 2020 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    Taisei

    4.0
    12日前

    私にも、いつか来る、その日。できれば目を向けずに暮らしていたい、そんないつかを、まだ元気な今見られたのは僥倖であるのでしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    こばひで

    3.3
    1ヶ月前

    アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン共によかった(コールマンは、「女王陛下のお気に入り」よりも)。
    残念だったのが、介護士のキャラ。主人公の認知症からくる症状に対して、ズバズバと指摘するのはプロらしくありません。監督(元の戯曲も執筆)の作為性に冷めてしまった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    dwpcs477

    2.5
    2ヶ月前

    こうなったらと思わず心配させられました。でも、正直言って眠くなる作品・・・体調万全で見ないとついていけないかなぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    りえとみ

    5.0
    2ヶ月前

    アンソニー・ホプキンス…本当に素晴らしい演技でした!
    ひとつひとつ無くしていく事って、こういう事なんだなと、疑似体験させてくれた映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hiroyasu Iwata

    4.0
    2ヶ月前

    アンソニー・ホプキンス主演「ファーザー」見学。
    この作品は観る角度を注意しなければならない。誰の視点で描かれているのか難しいからだ。
    人生で得た経験と知識が問われる深淵な作品と言わざるを得ない。
    最初からある人物の視点で描かれ、シックス・センスのようなトリックは存在しない。
    これで米アカデミー最優秀主演男優賞を取るとは。
    ずるいな〜、アンソニー・ホプキンス。 『フォーラム福島』にて鑑賞

    違反報告
  • rikoriko2255

    ウディ

    4.0
    2ヶ月前

    上映中は何が現実なのか?最後のシーンまで判らず、ずっと悶々としてましたので、評価としては4が最高かなと。もう少し半分経った頃でも構わないので、現実の事がわかるシーンがあれば、「自分だったら」、「家族だったら」と反芻しながら観れて評価を上げられたのかなと思いました。ただ、最後のシーンを観て、『結局頼れるのは先に逝ってしまった母であり、父であり、一緒に過ごした祖父母であり、妻や子どもでは無く、人間最後は孤独である』事を知り、淋しくなり、哀しくなり、そして呆ける前に頼れる人たちにお迎えに来て欲しいと思いました。

    違反報告