夢幻紳士 人形地獄:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
夢幻紳士 人形地獄

夢幻紳士 人形地獄

2021年6月26日公開,90分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

他人の心が視える探偵・夢幻魔実也が事件を追う高橋葉介の怪奇ミステリー漫画『夢幻紳士』を実写化。まるで人形のように動かなくなった那由子を助けてほしいと懇願された魔実也が彼女の心を視ると、那由子は奉公先の女主人・雛子に暗示をかけられていた……。監督は、美術装飾や企画、アシスタントプロデューサーなどをしながら自身の作品を制作する海上ミサコ。出演は「ホモソーシャルダンス」の皆木正純ほか。第10回映像グランプリ優秀賞、愛媛国際映画祭プレイベント審査員特別賞受賞。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

夢幻紳士 人形地獄

特報

2021/2/25(木)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和初期の日本。探偵の夢幻魔実也(皆木正純)は、他人の心を視たり、他人に自由に夢を見せたりする力を持っていた。ある夏の終わり、魔実也は道端で聞こえてきた不思議な声に誘われ、木箱から発見された少女・三島那由子(横尾かな)に会いに行く。山奥の診療所で会った那由子は、反応が全くなく、まるで人形のようであった。那由子の母・ミツ(井上貴子)によると、奉公に出たまま数ヶ月の間行方がわからなかったという。ミツから那由子を助けてほしいと懇願されるが、かつて暗示に失敗し一人の女性を廃人にしてしまったことがある魔実也は二の足を踏む。しかし彼を追いかけてきた元依頼人・小堀(龍坐)や、村人を脅かす謎の犬男が現れたことにより、魔実也は那由子の心を視ざるを得なくなる。すると那由子は、奉公先の女主人・雛子により自分のことを人形だと思い込むよう暗示をかけられていた……。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
配給
ミカタ・エンタテインメント
上映時間
90分
製作会社
ビーチウォーカーズコレクション

[c]高橋葉介・早川書房・ビーチウォーカーズコレクション [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?